アメリカはいいぞ!シュヴァインシュタイガー、イブラを誘う

写真拡大

『Manchester Evening News』は2日、「元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーは、ズラタン・イブラヒモヴィッチをアメリカに誘った」と報じた。

昨年マンチェスター・ユナイテッドを退団し、アメリカのシカゴ・ファイアーへと移籍したシュヴァインシュタイガー。チームの中心的な選手として活躍し、リーグを代表する存在になっている。

彼はユナイテッド時代にチームメイトだったズラタン・イブラヒモヴィッチがフリーになっていることを聞かれて、以下のように話したとのことだ。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー

「僕はトーマス・ミュラーに話したんだ。君もここに来ないかとね。

目標は、MLSをこの10年ほどでブンデスリーガ、プレミアリーグのようなレベルにすることだ。それは素晴らしいものになるよ。

誰もがMLSの成長を助けたいと思っている。そして、クリスティアン・プリシッチのような代表選手もいる。

アメリカは目標を達成しなければならないし、僕はそれを出来る限り助けていきたいんだ。

そして、マイケル・ブラッドリーのような選手がアメリカにいることも重要だね。彼はこのリーグのレベルを高めてくれる人物だ。

ただ、ズラタン・イブラヒモヴィッチがここに来るなら大歓迎だけどね!」