2015年12月にデジタル・シングルとしてリリースされた“浦島太郎(桐谷健太)”が歌う『海の声』は配信直後からデジタル・チャートで1位を席巻し、2016年多数の年間チャートでも1位を記録、さらに「第58回 輝く!日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞、そして2016年大晦日「第67回NHK紅白歌合戦」に桐谷健太として出場という国民的大ヒット曲になった。

その“浦島太郎 = 浦ちゃん”の『海の声』に続く待望の第2弾楽曲が緊急一般配信がスタートした。この6月から“au三太郎CM盆踊りソング”としてオンエアされ、CMの中では“三太郎”のデビュー曲としてシリーズを盛り上げている『三太郎音頭』。日本の夏の風物詩として老若男女の心に響く“盆踊り”のリズムに乗って届けられる“ジャパニーズ・トラディショナル・ダンス・チューン”だ。
 
三太郎のキャラクターをそれぞれ1コーラスずつに歌った歌詞も、一度聞いたら耳から離れない印象的なリフレイン満載。またもや日本の音楽シーンに新たなムーヴメントを起こしそうなこの曲は8/4(金)からいよいよ一斉配信される。2017年、日本全国を“お祭り”気分にさせてくれる『三太郎音頭』に、ぜひ注目してほしい。

<桐谷健太 コメント>
海の声はたくさんの人から嬉しい言葉や想いを頂けた。そして音楽活動という、新しい扉を開いてくれた一曲。感謝してます。『三太郎音頭』は夏がたのしくなったり、みんなが明るい気分になってくれたら嬉しいです。盆踊りで子どもたちが踊ってくれたら嬉しい。