イ・ドンウク、台湾でのファンミーティングを成功裏に終了…熱い人気を証明

写真拡大

俳優イ・ドンウクがアジアツアーを通して“アジアの男”となった。

イ・ドンウクは3月12日、ソウルを皮切りにシンガポール、香港、インドネシア、タイ、日本、台湾でアジアツアーを開催した。日本と中国などで厚いファン層を確保していた彼は、今回アジアツアーを通してアジアでの熱い人気を証明し、先月23日に台湾を最後にファンミーティングを成功裏に終えた。

イ・ドンウクはアジアツアーファンミーティングで客席から登場した。ファンの熱い歓声を一身に浴びた。すべての公演が終わった後は、ファンミーティングに来てくれたファン一人一人とアイコンタクトをし、ハイタッチを行った。このように彼は、ファンと最も近くで会おうと努力し、アジアファンの心を魅了した。

また、イ・ドンウクは現地ファンと楽しいゲームで現場に笑いのウィルスを拡散したり、ファンが作ったパロディー映像を一緒に鑑賞し、過去の作品についてファンと話して再演するなど、多彩なプログラムを用意した。

このようにイ・ドンウクは、すべてファンのためにしっかりとした構成でファンミーティングを埋め尽くし“ファン思いの最高王”の一面を見せつけ、彼がなぜ“アジアの男”と呼ばれたのかを証明した。

イ・ドンウクが行くところがどこでも、ファンの熱烈な歓声が一緒だった。暑さも忘れさせる数多くの現地マスコミの情熱的な取材で、彼の人気が実感できたとのことだ。

イ・ドンウクは毎月12日にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の「イ・ドンウクの On the air」を通じてファンと近くで交流している。8月12日にはソウルランド三千里(サムチョンリ) 大劇場で午後8時から公開放送を行う予定だ。