■夏スタートの映画の中で異彩を放つ『銀魂』 激戦が続く夏の映画だが、スタート時は動員数2位という好発進を見せた実写版『銀魂』。小栗旬や橋本環奈、菅田将暉、堂本剛など注目キャストだけでなく、『勇者ヨシヒコ』シリーズで知られる福田雄一が監督を務めることで奇跡の実写化を実現した。しかし、映画だけでなくdTVで配信される実写ドラマでも大きな話題を呼んでいるようだ。

【こちらも】初週は2位スタートの『銀魂』、好結果もうなずける福田クオリティの映画

■dTVにてミツバ編が配信スタート インターネット上限定でオリジナルドラマなどを配信しているdTVにて、『銀魂』のミツバ編が配信スタートしている。ミツバとは漫画『銀魂』に出てくる沖田総悟の姉で、総悟と同じくドSな性格という設定だ。実写化には難しいと思われる役どころだが、北乃きいがミツバ役を担当することになった。

 ミツバは身体が弱く、田舎にて養生していた。しかし、結婚の報告を沖田総悟(吉沢亮)にするため江戸へやってくる。実は、ミツバが江戸にやってきたことには理由があり、総悟だけでなく彼が所属する新選組や土方十四郎(柳楽優弥)を巻き込んでいく。

 映画と同じく『銀魂』独自のゆるい感じを守り、さらにミツバのドSキャラもしっかりと再現。たまたま総悟とミツバがいるところに同席した坂田銀時(小栗旬)にタバスコたっぷりのパフェを食べさせたり、そのためにミツバがせき込むシーンなどは原作へのこだわりを感じる部分だ。

 また、映画ではオープニングで『カウントダウンTV』のパロディを小栗旬、橋本環奈、菅田将暉が行った。これと同じ形でドラマ版ではエリザベス扮する福田監督、ムロツヨシ、佐藤二郎が声にて出演。この3人は長年トリオを組んできており、人気の火付け役となった『勇者ヨシヒコ』シリーズにも参加していた。息の合った3人の掛け合いはラジオのようで、ファンならばこの内容を聞くだけでも価値があるだろう。

■女優としても実力のある北乃きい 北乃きいは最近ではあまりテレビでの出演が無く、ドラマや映画でもなかなか姿を見ることがなかった。しかし、2007年に上映された『幸福な食卓』では主演を務め、繊細な中学生役を見事に演じ切っている。それ以外にも『救命病棟』や『ライフ』にも出演しており、女優としての経験は豊富にある。

 北乃きいも『銀魂』へのオファーに対して、原作のイメージを損なわないようにアニメや漫画を何度もチェックしたようだ。その行動が功を奏し、ネット配信のドラマながらYoutubeで限定公開されている1話の再生回数は300万回を超えている。

 福田監督や原作の人気もあるが、北乃きいのミツバ役への熱意もあって『ミツバ編』は大きなヒット作品となっているようだ。第1話だけならばYoutubeにて無料で閲覧できるので、一度騙されたと思って見てみるのはいかがだろうか。