2日、中国の人気女優ヤン・ミーの写真を、日本で数多くの風俗店が広告写真に使っていると報じられたが、記事を見たネットユーザーの反応は冷ややかなものが多い。写真はヤン・ミー。

写真拡大

2017年8月2日、中国の人気女優ヤン・ミー(楊冪)の写真を、日本で数多くの風俗店が広告写真に使っているとニュースサイト・新浪(SINA)が報道。記事を見たネットユーザーの反応は冷ややかなものが多い。

【その他の写真】

日本へ旅行に行ったネットユーザーが、街中で見かけた看板やパネルを撮影した写真を集め、このほど新浪では「悪質な行為!日本でヤン・ミーの写真が風俗店の広告を飾っている」というタイトルの記事を発信。マッサージや高級リラクゼーションをうたった風俗店で、ヤン・ミーの写真を広告に掲げている店がいくつもあるとして、「日本人男性の美的感覚にマッチするからだろうか」と記し、「ヤン・ミーは肖像権侵害として法的措置を取ってもいい」と伝えている。

これに対し、記事を見たネットユーザーからの反応は意外に冷ややかなものや、受け流すようなコメントが多い。

「どうせ経営者は中国人だ」
「日本人はヤン・ミーを知らない。顔が好みに合っただけでしょ?」
「そのうち絶対に、『中国人ならシェアせよ!ヤン・ミーが日本人におとしめられた!』とか言い出す愛国バカが出現するよ。間違いない」(翻訳・編集/Mathilda)