犬に対しての「良い無視」と「悪い無視」

犬を叱る際に大声で怒鳴るとトラウマになってしまったり、「ダメでしょー」と怒ると構ってくれたと勘違いされ逆効果に…。そのため、無視をすることが1番効果的だと言われていますよね。

しかし、無視にも「良い無視」と「悪い無視」があることをご存じですか?良い無視ならば効果的ですが、悪い無視をしてしまうと逆効果になってしまう恐れがあるのです。まずは良い無視と悪い無視の違いから見ていきましょう。

犬への「良い無視」とはどんな無視?

まず、「良い無視」には信頼関係が築けていることが大前提としてあります。人間も同じですが、信頼関係を築けているか否かでは、叱られたときの重みが違いますよね。それは犬も同じです。

信頼している飼い主さんに悪いことをしてしまった後無視されてしまえば、「あれをしてしまったから飼い主さんが構ってくれなくなった」という寂しさから、「ダメなことだったのかも」と反省するようになるのです。

そして「良い無視」の場合、原因に対しての叱る方法として無視が最適であるということを飼い主さんが理解していることが多いです。頭で考えて無視することに決めている人もいれば、長年の経験から勘で良い無視を行っていることもあるでしょう。

例を挙げるならば、甘噛みや無駄吠え、イタズラなどをした際に無視をするというのは効果的です。なぜならば「これをしたら飼い主さんが冷たくなった」と犬も理解できるからです。

またタイミングも重要です。効果的なタイミングで無視をすることで、今した事が悪い事であったと理解させることが出来ます。これに関しては後ほど詳しくご紹介します。

反対に「悪い無視」とは?

では、反対に「悪い無視」とはどのような無視なのでしょうか。

まず無視をする時間はどの程度の時間が適切かを把握していますか?例えば悪い事をした後、すぐに無視をし、その行動を止めたら無視も止めるといった方法は効果的です。

しかし、悪い事を止めたのにいつまで経っても無視をし続け、結局何時間も無視をしてしまったというのはやり過ぎです。犬も「結局何が悪かったんだろう」と悪い事が何か理解できない上、「飼い主さんは僕が嫌いになってしまったのかもしれない」という余計な不安を抱いてしまいます。

また悪い事の種類によっては、無視をしてしまうことで逆効果となり、悪化してしまうケースも珍しくありません。

例を挙げるならば、飼い主さんのご飯をつまみ食いしようとしていたところを発見したけれど、無駄に怒ると構ってくれたと勘違いされるかもしれないから無視した、というケースです。

この場合はそこで止め、ご飯を片付けて無視をするならば良いですが、食べようとしているのを止めずに無視してしまった場合、「飼い主さんが止めなかった」という事実から「じゃあ食べても良いんだ!」という間違った方向へと考えが向いてしまいます。

このように行き過ぎな無視や、無視をしてはいけない状況での無視は「悪い無視」となってしまいますので止めましょう。

犬への「良い無視」のポイント

では、先所にご紹介したような「良い無視」とは具体的にどのような無視なのでしょう。ここからは先ほどご紹介した話に加え、より詳しく見ていきたいと思います。

無視していることが伝わっている

まずは犬が悪い事をしたから飼い主さんが「無視」していることに気付いてもらわなくては意味がありません。そのため、「私はあなたを無視している状態ですよ」と分かりやすく理解させる必要があるのです。

例えば、犬が近寄ってきたら顔を背けてみたり、場合によっては背を向けて、完全に無視をしている状態である状況を作るようにしましょう。

そうすることで犬も「あれ?飼い主さんが自分のことを見てくれない」「構ってくれない」ということが理解できるはずです。

タイミングや状況が効果的である

先ほどの話にも何度か登場した「タイミング」ですが、このタイミングが適切でなければ意味がありません。

では、適切な無視のタイミングとはいつなのでしょうか。それは犬が悪い事をしたすぐ後です。もしも犬が悪い事をしてから時間が経った後無視をしてしまうと、「なんでこの人無視してるんだろう」と犬は思ってしまいます。自分が悪いことをしたから飼い主が無視しているということに繋がらないのです。

したがって、悪い事をしたすぐ後、またはその瞬間から無視をすることで、犬は「自分がこれをしちゃったから構ってくれないんだ」と理解しやすくなります。

先ほど悪い無視でもご紹介したように、長時間無視をしてしまうと、「悪い事は止めたのに、どうして無視し続けてるのかな」と不安になってしまいます。

そのため、イタズラや甘噛み、無駄吠えならば止めたら無視も止めるといった短時間で終わらせる方が効果的です。

犬が興奮している場合は工夫が必要

興奮状態の時には、ただ普段通りの無視をしていても興奮状態でまったく気付いてくれないということも多いです。したがって、この場合は少し工夫をすることが大切です。

先ほども「わかりやすく無視をする」という話を致しましたが、まさに興奮状態の時にはこれを応用する必要があります。

例えば、ただ顔を背けたり背を向けたりするのではなく、自分が犬の前から姿を消してしまうのです。外に出たりしなくても良いので、違う部屋に行ってしばらく様子を見ると良いでしょう。

飼い主さんがいなくなってしまったことで、しばらくすると犬も「あれ?そういえば飼い主さんがいない」と我に返ります。足音や息づかいなどで興奮状態か否かということがわかると思いますので、普段通りに戻ったところでお部屋へ戻りましょう。

まとめ

いかがでしたでしょう。ただ単に無視をすれば良いということではなく、適切な状況やタイミングを理解した上で無視をすることが効果的です。ぜひ今まで間違った無視の仕方をしていた方は、見直してみてください。