斉藤由貴(C)モデルプレス

写真拡大

【斉藤由貴/モデルプレス=8月3日】女優の斉藤由貴(50)が3日発売の『週刊文春』で不倫が報じられたことを受け、同日夜、都内にて記者会見を行った。

【さらに写真を見る】頭を下げる斉藤由貴

今回の不倫報道を受け、今後の夫婦関係についての質問が飛ぶと、昨晩の報道後は自宅に帰ることができず、夫とはまだきちんと話ができていないことを説明。「当然責められてしかるべきなので…。怖くてまだ聞けてないんですけど、そしたら主人も特に聞いてこなくて」といい、離婚の可能性については「あの記事を見て、たとえほんの一瞬パッと握っただけでもそういうふうにしたのはたしかだと思うので、主人がそう(不倫)思うなら、それはそれでしょうがないなという気もしますけど、こればっかりはこれから」とコメントした。

報道によると、斉藤は妻子のある50代の開業医の男性と手を繋いで歩き、自宅とは別のマンションで密会。斉藤は2日、会見に先立ち所属事務所を通じてコメントを発表し、「随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で、不倫関係ではございません」と報道を否定。会見でも「家族がみんなお世話になっているお医者さんです」と改めて否定していた。

この日、斉藤は都内でドラマの撮影に参加していたため、会見は15分遅れでスタート。約100人の報道陣が参加した。

なお、会見後はニッポン放送のラジオ「オールナイトニッポンMUSIC10」(22時〜)への生出演が予定されている。

◆斉藤由貴 プロフィール


1966年9月10日生まれ、神奈川県出身。1984年少年マガジン主催の第3回「ミスマガジン」でグランプリを受賞。

1985年2月「卒業」で歌手デビューを果たし、同年4月「スケバン刑事」で連続ドラマ初主演。以降、女優・歌手として活躍。現在はTBS系「カンナさーん!」(毎週火曜よる22時)に出演中。

私生活では1994年、同じくモルモン教を信仰する2歳年上の一般男性と結婚し、1男2女を設けている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】