マツダが先進安全技術を標準装備したスポーツ用多目的車「CX−5」(マツダ提供)

写真拡大

 マツダは3日、スポーツ用多目的車(SUV)「CX−5」とセダン「アテンザ」に、自動ブレーキなど同社独自の先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を標準装備して発売したと発表した。

 車線逸脱時に警報が鳴るシステムや、車線変更時に斜め後方から接近する車両を知らせる最新の機能なども搭載。政府が普及を目指す安全運転サポート車「セーフティ・サポートカー(サポカー)」の最高ランク「サポカーS・ワイド」に該当させた。

 マツダは国内で発売する主要車種に同技術を標準搭載することを決めている。