女子は四日市商、岡山学芸館、松商学園、早実が準決勝に進出 [南東北インターハイ]

写真拡大 (全5枚)

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会2日日は、男女団体の3回戦8試合(8ゲームマッチ)、準々決勝4試合(3セットマッチ)が行われ、ベスト4が決まった。

◇   ◇   ◇

 準決勝進出一番乗りは四日市商(三重)。3回戦で法政二(神奈川)を、準々決勝ではセンバツ準V校の柳川(福岡)をともに2勝0敗で退け、インターハイで初の4強入りを果たした。

 四日市商は自慢の攻撃力が爆発。積極果敢に攻撃を仕掛ける大浦玲奈/原田真実子のダブルスと2年生エースの吉岡希紗が次々とゲームを連取。3セットマッチとなった準々決勝も1セットも落とさずに早々と勝利を手にした。

 金山敦思監督は「自分たちから攻めてポイントを取ったのが大きい」と選手たちを称えた。だが、主将の大浦は「(初の4強入りは)うれしいのはもちろんだけど、まだまだこれから」と浮かれる気持ちはない。「狙うところは、やっぱり優勝」。力強く語ったキャプテンの言葉はチーム全員の想いだ。

(写真)四日市商の原田真実子/大浦玲奈

 同じくインターハイで初の4強入りを決めた岡山学芸館(岡山)。3回戦の福徳学院(大分)をストレートで下すと、続く愛知啓成(愛知)戦は、1勝1敗で迎えたシングルス2で2年生の猪川結花が躍動。野々山風花を6-4 6-4で一蹴して準決勝進出を決めた。

 岡山学芸館の岸直浩監督は「うれしい結果。全員が試合を通して成長している」と手応えを口にした。チーム唯一の3年生で主将を務める平田歩は「これからはチャレンジャーの気持ちで、勝ち負けにこだわらずに全員が自分の力を出すことに集中すれば優勝もできる」と意気込みを語った。

(写真)準々決勝で愛知啓成を破った岡山学芸館

 松商学園(長野)とセンバツ優勝校の相生学院(兵庫)の準々勝は息詰まる戦いとなった。松商学園がダブルスを先取したあと、S1対決は一進一退の攻防が続いた。第1セットは松商学園の笠原沙耶、第2セットは相生学院の田中李佳が奪うと、最終セットはタイブレークに突入。終始落ち着いたプレーを見せた笠原が9-7でものにし、第1シードを破る大金星を挙げた。

 笠原は「我慢しながら粘り強くプレーできた」と勝因を語り、小林正則監督は「(笠原は)メンタルが本当に強い子。最後はよく決めきってくれた」とチームを支える主将の頑張りに目を細めた。

(写真)エース対決を制した笠原沙耶(奥)

 早稲田実業(東京)は神鳥舞と齋藤唯が大活躍。3回戦の静岡市立(静岡)と準々決勝の湘南工大附(神奈川)はどちらもダブルスを落としながら、期待の1年生がシングルス2本で完勝する戦いぶりだった。

 2年連続4強入りを果たし、安堵の表情を見せた玉井邦彦監督だが、気がかりもある。主将と副主将を務める矢間美帆/櫻井雪乃のダブルスが今大会いまだ未勝利。「彼女たちが勝てば、一気に頂点に行ける」。チームを引っ張ってきた3年生コンビの活躍に期待した。

(写真)早実のエース、神鳥舞

 明日の準決勝のカードは、松商学園vs早稲田実業、岡山学芸館vs四日市商となった。男女ともに準決勝は会津総合運動公園テニスコートで9時からスタートし、その後、決勝が行われ、今年の団体日本一が決まる。

テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、準決勝進出を喜ぶ四日市商メンバー

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー