流経大柏・薄井覇斗【写真:平野貴也】

写真拡大

PK献上もGKの好守で主導権を渡さず、強豪・前橋育英を撃破

 守護神が名誉挽回のPKセーブでチームを救った。

 全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で前回準優勝の流通経済大学付属柏(千葉)が前橋育英(群馬)を1-0で下し、2年連続の決勝進出を決めた。

 流経大柏の完封勝利の裏側には、守護神のPKストップがあった。1点リードで迎えた後半、追加点のチャンスを逃し続けると、わずかなミスを突かれた。前橋育英がパワーのあるFW宮崎鴻(3年)を前線に投入。流経大柏は、先発したDF加藤蓮(3年)が通常のマークに付き、空中戦の競り合いは関川郁万(2年)が担当するという守備をしていたが、相手のポジショニングに惑わされてハイボールを競ることができなかった。

 宮崎のヘディングに合わせて動いた前橋育英のFW高橋尚紀(2年)に抜け出され、止めに入った流経大柏のDF瀬戸山俊(3年)がファウルの判定を受けて、PKを献上した。決められれば同点となり、沈黙していた相手が勢いに乗ることは間違いなかった。

 ところが――。高橋のキックを流経大柏の守護神、薄井覇斗(3年)がスーパーセーブ。左に飛んでシュートを弾き、試合の主導権を渡さなかった。

通常のシュートよりもPKストップに自身「PKになった瞬間はやったと思った」

 薄井は小学生時代からPK戦で負けたのは1度だけで、通常のシュートストップよりもPKストップに自信がある。心の中で大ピンチを歓迎していたという。

「PKには自信があります。今までの試合で全然活躍できなかったし、昨日は自分の(ロングスローに対する処理の)ミスで失点したので、取り返そうと思っていました。でも、なかなか活躍する場面が来なくて、あのPKになったので、自信を持って飛びました。相手が蹴るまでニヤニヤしてしまうのが、なかなか止められなくて、正直に言って、PKになった瞬間は、やったと思いました」

 チーム内のPK練習ではそれほど止めない。「何度も練習をすると、蹴る(確率の高い)コースが先に分かってしまうので(逆に迷って)思うように跳べなくて、あまり止められません」と話す薄井は、緊迫感のある中での駆け引きを得意としている。

 この日は、審判からの注意で準備のルーティンを行えなかったというが、それでも「相手のキッカーの仕草を見て、こっちだなと思った」とシュートコースを見事に読み切った。

ピンチはない方が理想だが…「あったとしても、自分が止めてチームを救えればいい」

 サッカーを始めた小学校4年次からGK。最も背が高かったため、指導者からGKを勧められたという。当時は、ただ運動をする習慣を身につけるためのサッカーだったが、いつの間にかのめり込んだ。今では、ピンチのときにビッグプレーでチームを救う、魅力のあるポジションと感じているという。

 憧れの選手は、「足もとの技術があって、(自チームの最終ライン)裏のケアもできるし、自分に足りていないリーダーシップの部分も凄い。目指すべき選手だと思っている」と話すドイツ代表の守護神マヌエル・ノイアー(バイエルン)だ。

 4日に行われる決勝戦では、日大藤沢(神奈川)と対戦する。

「今日のようなシーンがない方が理想的ですけど、あったとしても自分が止めてチームを救えればいいと思います」

 頼れる守護神は高々と勝利を誓った。