会見する河野太郎外相=3日午後、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

写真拡大

 【ソウル=桜井紀雄】河野太郎氏の外相就任について、韓国では、慰安婦問題でこじれた日韓関係に好影響を与えるのではないかと期待感が出ている。

 平成5年の官房長官談話で慰安婦募集の強制性を認め、韓国で「良心的人士」とみなされてきた河野洋平氏の長男だからだ。

 韓国外務省報道官は3日、康京和(カン・ギョンファ)外相が河野新外相に「韓日が未来志向的で成熟したパートナー関係を築いていくための協力を希望する」とのメッセージを伝えると明らかにした。

 夕刊紙、文化日報は同日、安倍晋三首相が河野氏の起用で「韓国との関係改善姿勢をとるとみられる」と予測。河野氏が日韓議員連盟に属し、首相の靖国神社参拝に否定的なハト派とされることも韓国では好意的に受けとめられている。

 一方、河野談話に対する個人的見解を控えてきたことから、中央日報(電子版)は「政治的見解は父親と必ずしも一致しない」と指摘。聯合ニュースは「慰安婦の強制連行を否定してきた安倍氏の内閣にいる限り、身動きの幅は大きくない」と分析している。