『ウォーキング・デッド』シーズン7より

写真拡大

世界中で大ヒットしているサバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。今秋からいよいよシーズン8がスタートする本作だが、その新シーズンの予告編が先月開催されたサンディエゴ・コミコンにて解禁された。この予告編に映し出されたある謎について、クリエイターのロバート・カークマンがコメント。米Hollywood Reporterが伝えている。

(『ウォーキング・デッド』シーズン8に関するネタばれを含みますので注意してください)

この予告編では、リック(アンドリュー・リンカーン)やダリル(ノーマン・リーダス)らお馴染みの面々の激しい戦闘シーンの後に番組タイトルが表示されるが、その後に杖と年老いたリックがベッドで寝ている姿が映し出されている。

この意味深な場面について、TCA(TV批評家協会)の夏のプレスツアーに出席したカークマンは、「(シーズン8の)第1話を見てもらえばわかるはずだ」と返答。真相はエピソード1で明らかになるようだ。カークマンによれば、シーズン8では原作コミックの「All Out War」の章に突入し、リックとニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)の直接対決が描かれる模様。そして、コミックではニーガンとの戦いで負傷したリックは、杖が必要となってしまうのだ。予告編の最後のシーンは、そのことに結びついている可能性がある。

シーズン8の第1話はシリーズ通算100話の記念すべき回となるが、カークマン曰く、このエピソードで新シーズンのスピード感を感じられるといい、「シーズン8はよりスピード感のある、アクション満載のシーズンにしようと試みている。これまでの7シーズンでは全てのキャラクターを適所に置いてきたが、今度はそれを壊す時なんだ」と、彼は明かしている。

『ウォーキング・デッド』シーズン8は、米AMCにて10月22日(日)から放送開始。日本では、FOXチャンネルにて翌23日(月)の22:00から最速放送される。(海外ドラマNAVI)