【詳細】他の写真はこちら

8月2日、東京・渋谷のclub asiaにて、十代中心の実力派若手女性アーティストが集結するイベント『AFTER SCHOOL SWAG』が2017年8月2日に開催された。

5回目となる本イベントは、過去4回にLittle Glee Monsterが出演しているなど、若手アーティストが実力を磨いていく場となっている。

今回の出演者はIris(アイリス)、渕口綾音、ENNE、J☆Dee’Z、やえ、HarumiKinami、BATG(仮)、當山みれいの8アーティスト。

MCの紹介によって次々と出演者が入れ替わり、自身の楽曲やカバー曲などバラエティに富んだナンバーの数々を、生バンド演奏に乗せて披露していった。

ライブのトップバッターとしてステージに立ったやえが、ギター弾き語りイントロから「オリジナル」を歌唱し、その気迫のこもった歌で会場を温める。

続いてBATG(仮)が4人それぞれにカラフルな衣装で登場し、カバー曲「I need your love」などを披露。平均年齢13歳とは思えないほどのパフォーマンスで会場をどよめかせた。

日本テレビ系でオンエアされていた『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』に出演し、美少女ヒッチハイカーとして話題を呼んだマレーシア出身のシンガー、Iris(アイリス)は、5月にリリースした「ファンタスティック ジャパン」などを演奏。

途中、彼女がレギュラーの一員となっているフジテレビ『新しい波24』内での定番トーク「皆さんにどんな質問をされても5文字で答えます!」というMCを展開し、持ち前の天真爛漫さで会場中を笑顔にさせた。

ライブの前半ラストを飾ったのは、中学3年生のシンガーソングライター、渕口綾音。自身が初めて作ったラブソングだという「snow love」を披露すると、力強い歌声で会場を魅了した。

ライブも後半に差し掛かり、登場したのは19歳のシンガーソングライター、ENNE。観客に「一緒に歌ってください!」と呼びかけ、「流されね」を披露すると会場は一体となりグルーヴに身を揺らした。

『X FACTOR OKINAWA JAPAN』出身の2人組、Harumi Kinamiは、映画『SING/シング』の「Hallelujah」を艶感たっぷりに披露し、会場を魅了した。

イベントも佳境に突入し、登場したのは女子高生ボーカル&ダンスグループのJ☆Dee’Z。「Melody」の美しいハーモニーからステージをスタートさせたかと思うと、軽快なトークで観客の笑いを誘った。そして、「ANSWER」ではおなじみとなったボディーパーカッションダンスで会場を沸かした。

トリを飾ったのは『After School Swag』にVol.1から出演している當山みれい。7月26日にリリースしたばかりの「願いE.P.」から、童子-Tの「願い feat. YU-A」のアンサーソング「願い〜あの頃のキミへ〜」を披露し、会場はその歌声に聴き惚れた。

ライブの最後には、ステージ上にこの日の出演者が勢揃い。ファレル・ウィリアムスの「Happy」など2曲をパワフルに披露し、3時間近くにわたるイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

『AFTER SCHOOL SWAG』公式Twitter

https://twitter.com/afterschoolswag