女性が一度は妄想する“キュンシチュ”5選 頭の中で恋を楽しむのもアリかも?/GIRLY DROP

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】好きな人がいようがいなかろうが“恋”に憧れて、様々な妄想を繰り広げる女性も居るでしょう。実際にあるはずないと分かっていても、つい妄想しちゃうのが“女性の恋愛事情”の一つですよね。今回は、誰もが一度は妄想する胸キュンシチュエーションをご紹介。納得できるものがあるかも…?

【他の記事を見る】「あの子絶対彼氏いない」と男性が一瞬で判断する女子の特徴5つ

♥体調悪いのに気づいてくれて…


「体調悪いけど大事な仕事があるから無理して来たっていうことを同僚に話して、それが好きな先輩の耳に入って“無理すんなよ”って言われたい!この先、働いてたらそういうシチュエーション訪れるかな…」(24歳/OL)

“実は俺、気づいているから”というシチュエーション、女性なら一度は妄想したことがあるはず。

実際にこんな事があったら一瞬でその男性のことを好きになっちゃいますよね。

あわよくばそのままお家まで来て看病してくれたら…その先のあんなことやこんなことまで色々考えちゃいます。

♥告白されて返事に迷っている時に…


「恋愛感情を抱いていない男の子から告白されて、彼氏いないし付き合おうかなって考えながらも本気で好きじゃないから申し訳ないなって気持ちになって…返事に迷っていると不意に“ねぇ、俺じゃダメ?”って言われちゃう、みたいな。ちょっと強引な告白をされてみたい…あの人、してくれないかなぁ」(20歳/専門学生)

優しい言葉から漂う強引さに思わず惹かれてそのまま付き合っちゃうのにも憧れますよね。

最初はそんなに興味がなかったけど、どんどん好きになっていく…。

自分じゃない他の女の子と話しているのを見て嫉妬して、好きになっていることに気づいたというのは男女関係なく人類共通の胸キュンシチュエーションなのかもしれません。

♥消しゴムを借りた時に…


「みんなからは“ちょっと古い”なんて言われちゃうけど、私は好きな子から消しゴムを借りた時にこっそり自分の名前が書いてあるのに気づきたい!誰にも見られずに使い切るのが前提だけど、告白して付き合った後に“実は見ちゃって…”って暴露しちゃうわ」(18歳/女子高生)

消しゴムに好きな人の名前を書いて、それを使い切ると両思いになれるというおまじない、一度は耳にしたことのある女性もいるでしょう。

どうやら今の女子高生の中にもこのおまじないをやっている人がいるようで、こんな妄想にたどり着いてしまうこともあるみたいです。

♥一つの食べ物を半分にして…


「この時期になるといつも思うのが、折るアイスを二人で分け合う彼氏が欲しいなってこと。冬になればアイスが肉まんに変わるんだよね。とにかく一つの食べ物を半分にして公園のベンチで食べるデートを妄想してる…話してたら彼氏欲しくなってきた…」(26歳/受付)

一つの食べ物を好きな人と分け合う妄想を楽しんでいる女性もどうやらいるようです。

好きという感情だけでなく、食べるものまで分け合えるような恋に憧れを抱いているのかも。

相手が居なければ始めるのが難しいですが…。

♥「忘れ物あるよ」と言われて…


「私は頭の中が本当にお花畑みたいな人間だから、忘れ物あるよって言われてキスされる妄想を楽しんでる!超ベタだし少女漫画の世界観強めだけど、実際にやられたら胸キュンしすぎて死んじゃうかもしれない」(23歳/アパレル)

デートの別れ際などにやられた日には、彼のことがもっと好きになってしまいそうなこの妄想。

「忘れ物、届けてくれてありがとう」なんて返してさらにラブラブに…という妄想だけで、何だかお腹いっぱいになりそうですね。

「分かる!」と頷けるものから、そんな妄想もあるのかというものまで、幅広いものがありましたね。

今の恋に少し疲れてしまった時、新しい恋を見つけるまでの気持ちのモチベーション維持をしたい時など、様々な場面でこのような妄想を楽しんでみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】