男子準決勝は相生学院vs清風、秀明八千代vs岡山理大附の対決に  [南東北インターハイ]

写真拡大

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会2日目は、男女団体の3回戦、準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

◇   ◇   ◇

 ノーシードから勝ち上がった清風(大阪)が4強進出を決めた。3回戦で鳳凰(鹿児島)を2勝0敗で下すと、準々決勝では上位4シード校の大分舞鶴(大分)との接戦も2勝0敗でものにした。

 主将の濱口昌孝は「みんなの応援の力が心強かった。目標は全国制覇。チーム一丸となって明日も頑張って戦いたいと思います」と力強く語った。清風の4強は地元・大阪で準優勝した2015年以来2年ぶりとなる。

 その清風と明日の準決勝で対戦するのが、第1シードの相生学院(兵庫)だ。第1シードの相生学院は3回戦で駿台甲府(山梨)、準々決勝で大成(東京)に完勝し、準決勝へ駒を進めた。

 相生学院は大成を意識していた。準々決勝での対戦にメンバー全員が気を引き締めて臨み、きっちりと勝利を手に入れた。「ここ(大成戦)がまず大きなヤマと思っていた。しっかりと勝ちきることができてホッとしています」と平川暉人主将。ここまで1試合も落としていない充実した戦力から、2年連続3度目のVにあと2勝と迫った。

02.jpg

(写真)相生学院のエース・菊地裕太

 岡山理大附(岡山)は3年連続のベスト4入り。3回戦は海星(長崎)、準々決勝では滋賀県男子勢で初の8強入りを果たした光泉(滋賀)を相手に、ともに2勝0敗。接戦をことごとくものにする粘り強さを見せ、相生学院と同様、ここまで1試合も落としていない。

「(メンバーには4強の)壁を越えようと言いました。いつもと変わらずにやることをやるだけです」と松村道則監督が言う。2年前は清風に、昨年は名古屋に敗れて決勝には進めなかった。3度目の正直、今年こそという想いを明日の戦いにぶつける。

03.jpg

(写真)3年連続4強の岡山理大附

 秀明八千代(千葉)と柳川(福岡)の準々決勝は、柳川が籔田司/春山慶太のダブルスで先制。しかし、秀明八千代はS1白石光が6-3 4-6 6-4でタフマッチを制して1勝1敗のタイに戻すと、最後はS2清水一輝が6-4 7-5で決めて準決勝への切符を勝ち取った。

「主将として勝つしかないと思っていた。こういう場面はいつも緊張して引くことがあるけど、今日は思いきって戦うことができた」とチームの勝利を決めた清水が胸を張った。昨年は上位シード4校に選ばれながら初戦敗退。その悔しさを糧にしての4強入りだ。

04.jpg

(写真)チームの勝利を決めた瞬間の清水

 明日の準決勝のカードは、相生学院vs清風、秀明八千代vs岡山理大附。男女ともに準決勝は会津総合運動公園テニスコートで9時からスタートし、その後、決勝が行われ、今年の団体日本一が決まる。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、4強入りを決めてガッツポーズの五味駿一/神谷和輝(清風)