段ボールで作った「立体的なカービィ」に注目が集まっています。

段ボールで作った「立体的なカービィ」

動画を投稿したのは、あいすだいす(@rmx_dice)さん。

映像には、積み重ねた段ボールが映っています。

Twitter/@rmx_dice

段ボールの一部をゆっくりはがしていくと、球体のような形が出現!

Twitter/@rmx_dice

さらに段ボールを取り外すと、今度は手のようなものが…。

Twitter/@rmx_dice

段ボールを外し終えると、球体には足もついています。

Twitter/@rmx_dice

クルッと向きを変えたその正体は、なんとも可愛らしい「カービィ」だったのです!

Twitter/@rmx_dice

段ボールで、ここまで立体的に作れてしまうとは…。

お店で販売してもいいくらい完成度が高いですね。

Twitterには「カービィ!すごい!」「めっちゃくちゃかわいいです!」といった声が多数よせられ、「いいね」も7万7000件を突破していました。

CADソフトでカービィを描いていたら…

段ボールカービィについて、あいすだいすさんにお話を伺ってみました。

―― 段ボールでカービィを作ったきっかけは?

「カービィ」が好きなのはもちろんですが、CADソフトで「カービィ」を描いていた時に何となく思いついた感じですね。

なので、その絵がそのまま設計するための絵になりました。

―― どのようにして作ったのですか?

過去に投稿した上記の画像データを見ると分かると思います。

カービィを正面、側面、上下から見た図を描いて、段ボールを重ねた時にどんな形で切ればいいのかを右側に並べて整理しました。

そして、(切り出した段ボールを)糊で1枚ずつ貼る時に、背面につけた四角いパーツを利用して、ずれないように貼って出来上がったのが動画の「カービィ」です。

―― Twitterでの反響について

普通に見せるより、ちょっと驚いてもらえる見せ方にしようと工夫はしました。

でも、まさかここまで伸びて、たくさんいい反応が来るとは思いませんでしたね。

本当にうれしいですし、ありがたいなと思っています。

―― ありがとうございました。

立体的なカービィは、詳細な設計図から作っていたんですね!

段ボールのカービィが気になる方は、あいすだいすさんのTwitter(@rmx_dice)まで。

※この記事のツイートと動画は、あいすだいすさんの許可を得て掲載しています。