簡単にできるヘアアレンジですら不器用でうまくできない……そんな方のためにヘアメイクアップアーティスト・高松由佳さんが教えてくれる「ヘアアレンジの基本テクニック」をご紹介! 今回は、ピンの留め方についてご教示いただきました。

イラスト、文・角侑子

しっかり固定力のあるピンの留め方

簡単なものほど、実はすごく難しいことってありますよね。ヘアアレンジで言うならば、それはピンの留め方ではないでしょうか?トレンドのゆるっとした後れ毛スタイルもピンの留め方がしっかりできていないとボサボサに見えてしまうもの。

そこで今回は、anan本誌や美容雑誌でも活躍中のヘアメイクアップアーティスト・高松由佳さんに崩れない基本のピンの留め方を教えてもらいました。

ピンの留め方 ハウツーテクニック

1: ヘアピンはひとさし指を挟んで髪に差し込みやすいように間を空ける。短い柄の方は親指をそえて、残りの指は長い柄の方のピンを支える。

2:毛束をねじって、ねじり終わりの箇所に毛の流れに逆らうようピンを差し込む。

3:ねじった毛束が時計回りならばピンを毛束の上部、かつ斜め上に向かって差し込みましょう。

4:この時、片方のピンの柄は地肌までっかり留め、もうひとつはねじられている毛の内部に入れこむことで外側からピンが見えなくなり、キレイな仕上がりに!

5: 同じ要領で片方もねじって、完成!

ピンの持ち方と留める方向を意識しよう!

ポイントは、ピンの持ち方とピンの差し込む方向です。しっかり留めやすいように指で隙間を作り、毛束をキャッチしやすいような持ち方を意識してみてください。また、よく失敗しがちなのは毛束の流れに垂直の方向でピンを留めること。そうすると見た目にもピンが目立ってしまうので、ねじっている毛束にピンを隠すよう留めるとキレイなのでぜひ試してみてくださいね。

写真右・ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。ヘアメイクアップアーティスト山本浩未さんに3年間師事した後、独立。anan本誌を初めとする数々の美容・ファッション誌にて活躍中。

モデルanan総研No.332 楠原 菜月さん。