暴行容疑のMF道渕諒平が処分保留で釈放

写真拡大

 ヴァンフォーレ甲府は3日、暴行容疑で勾留中だったMF道渕諒平(23)が処分保留のまま釈放となったことを発表した。

 なお、司法の処分はまだ決まっておらず、任意の捜査は継続中とのこと。そのため、クラブとしては当面のところ本人を謹慎処分とし、今回の件に関するクラブからの正式な処分は司法の処分決定後、道渕本人に直接聴取をした上で決定し、公表するという。

 明治大から今季加入した道渕は先月28日、知人女性に暴力を振るったとして、暴行容疑で警視庁に逮捕されたことがクラブから発表されていた。今季はここまでJ1リーグ戦4試合に出場。ルヴァン杯では6試合に出場していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ