気持ちよさそう(画像はe-STOREから)

写真拡大

スクウェア・エニックスから新作ゲームソフト「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が2017年7月29日に発売されたが、同ソフトのプレイステーション4版のプロデューサーを務める岡本北斗氏が8月2日、作中に登場する勇者たちを「ダメに」するクッションの画像を公開しており、ネットで話題となっている。

中川翔子「カミュ様の表情に負けました」

岡本氏は8月2日、「勇者たちはダメになってしまった!開発陣に『主人公たちがダメになってる感じの絵つくって!』と雑にオーダーしたら、超クオリティで返ってきた...」とツイッターに投稿し、スクウェア・エニックスのe-STOREで販売中の「スマイルスライム ビッグクッション スライム」の心地良さを描いた画像を公開した。

スライムのクッションにうつ伏せになる勇者、あおむけでもたれかかるカミュ、そんなカミュのひざの上で眠るベロニカ。岡本氏は「くそぅ...ベロニカかわいすぎだろ...」とつぶやき、ドラクエ好きのタレント・中川翔子さんはそれに

「カミュ様の表情に負けました光の速さでポチりましたカミュぅぅぅうううう」

とリプライを送っていた。

「スマイルスライム ビッグクッション スライム」は実際、縦約60センチ、横約65センチ、高さ約60センチの大きさ。価格は、1万7064円(税込)。

現在(8月3日夕)はツイートの影響もあってか、クッションは品切れしている。ただ岡本氏は3日朝、再販を希望するファンのリプライに「今日少数ずつですが、追加されるらしいです!何時になるかとかはわからないのですが...」と返しているため、購入するチャンスは残っている。