「かえるのうたが きこえてくるよ〜」で始まる童謡「かえるの合唱」。この歌のように夏の夜には、カエルの鳴き声が頻繁に聞こえてくる。

 現在Twitter上では、そんなカエルにまつわる奇跡(?)が話題になっている。

 新潟中央部品 新潟店‏のTwitter公式アカウント(@ncb_niigata)からは、カエルの目撃報告が上がった。このカエル、発見したときはからからに干からびた状態だったそう。しかし、ピクっと動いたため、試しに水をかけてみるとまさかの復活! 元気に飛び跳ね、バケツの水で泳いだという。

 Twitterユーザーからは「まさに『よみガエル』」という声のほか、「カエルは冬眠時に凍った状態なので、そもそも脱水状態に強い」とその生態を解説する人も。

 また、同じ経験をした人から「皮膚から水分を補給するので水をかけてあげて正解。あと少し遅れたら助からなかったかもしれない」とのこと。適切な処置で復活できてよかった!

 現在投稿者のもとへ、カエル好きからのお礼コメントがたくさん届いているようだ。ツイートが広まることで、会社が知られることになったことは、“カエルの恩返し”なのかもしれない。

 もしカエルが干からびているのを見つけたら、水をかけてあげてみてほしい。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら