フレッシュな注目アイドル&グラドル続々登場!『アイドル横丁夏まつり2017』濃密レポート<1日目>

写真拡大

今年もやってきました! アイドル界夏の風物詩、アイドル横丁夏まつり! 今回は、7月8日から9日にかけて開催された「アイドル横丁夏祭り!!〜2017〜」レポートをお送りします。

【写真54枚】アイドル&グラドルてんこ盛り!フォトギャラリーはこちらからどうぞ!

去年から、横浜は赤レンガパークでの2日間開催となり、さらにパワーアップ。初日のライブレポートと、名物コーナー「グラドル横丁」のレポートは、おかげさまで大変好評をいただきました。

去年は1日のみのレポートだったということで、今年の目標は2日間レポートすること! ただ、毎年、天候に恵まれる横丁夏まつりは、取材にあたって熱中症と体力消耗が難敵になります。

ということで、初日は結成3年以内のフレッシュなグループ、もしくはウレぴあ総研で初レポートするグループにテーマを決め、ステージを絞ってレポートしていきます。では、いってみましょう!

快適度はメインステージ以上! 涼しい海風吹き抜ける横丁3番地ステージ

「アイドル横丁夏まつり!!〜2017〜」には、5つのステージが設置されています。その中でも空と海をバックにしたステージが横丁3番地ステージ。潮風の吹き抜ける、快適度の高いステージです。

めっちゃファンキー!&カッコイイ!「大阪☆春夏秋冬」

初日の横丁3番地でまずレポートしたいのが、しゅかしゅんこと「大阪☆春夏秋冬」。パフォーマンス力の高さがウワサの彼女達、去年の横丁夏まつりでタイミングが合わずに見られなかったので、今年は絶対に!と狙っていました。

オープニングのSEから、ヒューマンビートボックスを取り入れているのが渋い!『New Me』はミドルテンポでめっちゃファンキー! 溜めのある楽曲をさらに躍動させるダンスも素晴らしいの一言!

お客さんとのコミュニケーションも楽しいんです。みんなで肩組みしたり、ジャンプして、クラップして、めちゃめちゃ盛り上がります! これで平均年齢18とは、おそるべきグループですね…。そうそう、新しい衣装がめっちゃ可愛かったのもポイントでしたね。

若さ弾ける躍動感!ストーリー性の高い「原宿物語」

次にレポートするのは、2016年に本格始動した美少女集団「原宿物語」。愛踊祭2016の関東B代表になるなど、アイドルシーンの中でもかなり話題になっているグループです。

このグループの特徴は、みんなかわいいのに、バッキバキに踊れて歌えるパフォーマンス力の高さ。そしてハードコアテクノ感の高い楽曲も印象的です。

炎天下の中でも、ダンスとヴォーカルに全力投球! 振り付けにはストーリー性もあって、「物語」というフレーズをグループ名に入れているだけあります。ステージ上のパフォーマンスに呼応して、会場がグググッと盛り上がっていくのは感動的ですらありました。

グラビア経験もある美少女、柊宇咲さんはもちろん、センターで世界を作り出す香山あむさんも目を引くし、伸びやかなダンスの工藤茶南さんや、ショートカットの西銘紗英さんも印象的。いや、ステージに立つ全メンバーが光り輝いていました。このグループ、もっと見てみたい!

清純さの中に力強い成長が見える「AIS-All Idol Songs-」

これまでにもアイドルネッサンス候補生時代のインタビューや、グループお披露目イベントレポートなどでその姿をお伝えしてきた「AIS-All Idol Songs-」も、横丁3番地に登場!

アイドルネッサンスとの活動を兼任してきた宮本茉凜さんが6月末に兼任を終了。新体制7人でのアイドル横丁夏まつり出演となります。

ステージに登場した7人は純白衣装にポニーテール。頼れる先輩だった宮本さんがいなくても、懸命にステージを務める彼女達が映えます。

2曲目に披露した『サマーデイズ』、すごくイイ曲だなぁと思いながら聴いていたのですが、あの2人組アイドル「TAKENOKO▲」の曲だそう。いやぁ、なんとも渋い選曲! これからもこのグループの繰り出すカバー曲には目が離せません。

清く正しくご当地アイドル!「いぎなり東北産」&一服の清涼剤のような爽やかさ。「桜エビ〜ず」

今年の横丁夏まつりには、スターダストプロモーションに所属するアイドルグループが多数出演。横丁3番地には、レッスン生グループ「いぎなり東北産」、そして私立恵比寿中学の妹分的なグループ「桜エビ〜ず」が続けて登場しました。

「いぎなり東北産」は、レッスン生グループらしく名前付きのゼッケン着用で登場。この日披露した中でも『 ワンダフル東北』は、東北ご当地ネタが詰め込まれたド直球のご当地アイドルソング。こういうテイストの楽曲、やっぱり大事ですよね!

一方、「桜エビ〜ず」はクールな衣装も相まって、凛としたオーラが感じられます。ラストに披露した『嘘とライラック』は、海からの潮風と相まって、なんだか映画のワンシーンのような世界を作り出します。

一日中炎天下の中のイベントでしたが、まさしく一服の清涼剤のような心地よさでした。9日に『仮契約のシンデレラ』を披露した時とは全く違う雰囲気。表現力がありますね。

キャリアと安定感を感じさせる「callme」

全てにおいてハイクオリティな3人組「callme」も、横丁3番地に登場。海風の吹き抜けるステージがとても似合っていました。アイドルさんの衣装が風にはためく感じ、すごく好きなんです。

エレクトリックな楽曲の良さもこのグループの魅力。ガンガンに盛り上げるだけではなく、じわじわと上がっていく楽しさがあります。海辺で聴くのがまたいい感じ!

今年もあります!名物コーナー「グラドル横丁」

これまで、横丁3番地を中心にレポートしてきたのは、ひとつ大きな理由が…。実は、横丁3番地ステージは、名物コーナー「グラドル横丁」会場に最も近いステージなんです!

というわけで、今年もグラドル横丁にちょっとだけお邪魔してきました。本当にたくさんのアイドル&グラドルが出演されたので、ほんの一部のご紹介になってしまいますがご了承くださいませ。

もはやメジャー級の人気になってきたぺろりん先生こと鹿目凛さん(ベボガ!虹のコンキスタドール黄組)&長澤茉里奈さん、通称まりちゅうのぺろちゅうコンビも登場。おそろいの水着は偶然だとか。

アイドルグループに所属しているメンバーが、プレミアムな水着姿を見せてくれるのがこのグラドル横丁の魅力のひとつ。

虹のコンキスタドール予科生の隈本茉莉奈さんや、FES☆TIVEの坂元由奈さん、ストロベリー症候群の星まりなさん、ありがとうございました!

もちろん、グラドルの皆さんも魅力たっぷり。柳瀬早紀さんに青山ひかるさん、星優姫さん&矢野冬子さん…、皆様ありがとうございました! 全員を撮影出来なかったのが残念…。

もちろん、朝いちばんの横丁3番地では、お約束の水着ステージも。この日は「爆乳ヤンキー」のクラシック『ブラを探して…』をみんなでカバー。お祭り気分は最高潮! グラドルの皆さんが柳瀬早紀さんにケチャを捧げる姿は壮観でした(笑)。

今年も盛りだくさんのグラドル横丁。2日目のレポートでも取り上げますので、お楽しみに!

赤レンガ倉庫をバックにアイドルが弾ける! 横丁2番地ステージ

さて、ライブステージのレポートに戻りましょう。この日、もう一か所重点的に見てきたのが横丁2番地ステージ。赤レンガ倉庫をバックにしたステージで、入口や他のステージからもアクセスが良いのがポイントでしょうか。

最高に音を楽しむ豪華なひと時「フィロソフィーのダンス」

このグループは、本当に楽しみにしていました。2016年のTIFメインステージ争奪戦LIVEに登場した際にレポートした「フィロソフィーのダンス」(通称フィロのス)。雰囲気たっぷりの横丁2番地で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

フィロのスの魅力は、なんといってもリーダー奥津マリリさんと、日向ハルさんの歌声でしょう。美しくも胸に刺さるような奥津さんの美声と、心を震わす日向さんの熱いシャウト。ふたつの魅力が相乗効果を見せてくれます。

さらに感じたのは、佐藤まりあさんと十束おとはさんの立ち姿とダンスが凛々しさを各段に増していること。この4人が、音を思いっきり楽しんでいる姿は至福の一言です。

会場にウェーブが巻き起こる『DTF!!』は、アメリカンロックサウンド! ハイスピードな楽曲だけでなくて、こういった楽曲で会場を沸かせられるのは大きな武器だと思います。いやぁ、楽しかった!

アイドルというアートフォームを駆使する「ヤなことそっとミュート」

フィロのスに続いて横丁2番地に登場した4人組が「ヤなことそっとミュート」。このグループの音楽性は、切ないメロディーが刺さるような邦楽ロック。音楽性のベクトルがハッキリ異なっている二組が続けて見れるのは、フェスの醍醐味ですね。

黒髪ロングが美しいなでしこさんの、切実に訴えかけるような歌声はとても印象的。コーラスワークもしっかりしていて、バックトラックだけではなく歌声でも世界観を作り上げていきます。

さらに衣装がめちゃくちゃカッコイイ! パフォーマンス中にフワッと浮遊していく感覚は、まるでコンテンポラリーダンスのよう。ラストの『AWAKE』はまさに息を呑む迫力がありました。

グループアイドルというアートフォームでどう表現するか、考え抜かれたグループだと思います。このステージにもかなり衝撃を受けました。

新世代原宿系アイドル大暴れ!「天晴れ!原宿」

衝撃を受けたと言えば「天晴れ!原宿」のステージもすごかった! 「原宿駅前パーティーズ」「原宿物語」「神宿」などなど、アイドル激戦区となっている原宿発グループのひとつです。

このグループの時、ものすごく盛り上がっていたんですよ。盛り上がりすぎて、横丁2番地に砂嵐が出来るほどなんです。

ラストの『原宿サニーデイ』はめちゃくちゃベースラインが気持ちよくて、和モノの取り入れ方もイイ!と思っていたら、作詞作曲が「大江戸コントローラー」などで知られるYunomi氏! フューチャーベースがアイドルソングになる時代なんですね。

虹コンファミリー、層がアツすぎ!「サジタリアス流星群(虹のコンキスタドール青組)」

ウレぴあ総研では、TIF2014でのデビューステージや、結成間もないころの衣装制作レッスン取材など、これまでにも折に触れて取り上げてきた虹コンこと「虹のコンキスタドール」。本隊である赤組は、ちょうどフランス遠征中で横丁夏まつりはお休みです。残念!

ということで、今年は「サジタリアス流星群」こと虹のコンキスタドール青組が横丁夏まつりに登場。予科生も含めて7人のパフォーマンスは、どこまで先輩たちに近づけるのでしょうか?

名曲『トライアングル・ドリーマー』は破壊力バツグン。「さんかっけー!さんかっけー!」の大合唱が横丁2番地に響き渡ります。アイドルシーンの中で虹コンは一つのブランドになりつつあるように感じました。

そして、ポップでカラフルな虹コン楽曲を、メンバーが思いっきり楽しんでいる姿も印象的。スレンダーでのびやかなダンスの清水さんは目を引きますし、予科生の3人も元気いっぱい。本当に層の厚いグループに成長しましたね。

スレンダー美女ぞろいの正統派アイドル「SAY-LA」

朝イチに2番地に登場した「SAY-LA」にも目を奪われました。実は、このグループを見た瞬間、「あ、今回はこれまで見てこなかったグループを中心にレポートしよう!」と決めたのでした。

『ミスヤングチャンピオン』出場歴もある森のんのさんが所属、東江ひかりさんはキャリアがあるのにとってもキュート! 藤沢泉美さんはモデル体型に優美なダンスが印象的。いやはや、みなさんスレンダーで美しい!

若さ溢れるキュートさと切ないメロディーがマッチした「クマリデパート」

若さ溢れる「クマリデパート」はなんともキュート3人組。表情も笑顔があふれるようで、見ているこちらも自然と笑顔になります。まさしく王道アイドル!といった雰囲気です。

それでいて、楽曲のメロディーが少し切なくて、そのバランスがたまりません。作詞作曲しているのが「Masion book girl」や「いずこねこ」で知られる音楽家サクライケンタ氏ということで、独特の世界観が広がるのもうなずけます。

アイドルの夏が始まった!横丁夏まつりレポートはつづきます

アイドル横丁夏まつり2017、初日のレポートは以上です。ステージと時間を絞ってもこのボリューム…。朝から晩まで各ステージを回りまくっていた方々、そして出演されたアイドルの皆さん、本当にお疲れ様でした。

そして、レポートはまだまだ終わりません。さらにボリューム増大の2日目レポートもありますよ。今回のレポートは以上です。