まさかの展開に(写真はイメージです)

写真拡大

 9月8日をもってジャニーズ事務所から退社する元SMAP・香取慎吾(40)だが、レギュラー番組『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)も9月いっぱいでの打ち切りが発表された。ファンからは番組終了を惜しむ声が噴出しているが、関係者の間では「後番組となるドラマの内容も波紋を呼びそうだ」とささやかれている。

「昨年の独立騒動を経て解散したSMAPですが、元メンバーの香取、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)の3人は契約終了と同時に退社の運びに。そんな彼らがレギュラー出演している番組の行方にも注目が集まっていました。が、現段階では香取の『スマステ』だけが終了することに。一見するとジャニーズの“圧力”のせいではないかと思われそうですが、今回の決定はテレ朝の独断によるものだそうです」(テレビ局関係者)

 そもそも、ジャニーズはむしろ退社組の番組続行を願っていた、との情報もある。しかも、『スマステ』は人気番組で視聴率も悪くないといい、なぜテレ朝は打ち切りを決めたのかはかりかねる部分がある。

「退社する3人の番組が終了すれば世間から『圧力を掛けた』と批判されると考え、それを避けるべく、各局に判断を任せていたんです。香取も『スマステ』継続を望んでいたそうですが、テレ朝はジャニーズの曖昧な態度を“深読み”し、ジャニーズとの今後の関係を考えて、番組打ち切りを決めたのではないかといわれています」(スポーツ紙記者)

 それが事実ならなんとも残念な話だが、さらに問題なのは『スマステ』の後続番組の内容だという。

■童貞と処女を巡る”お色気作品”

 後続番組の内容について、番組関係者はこう語る。

「10月期以降はドラマ枠になるようですが、始まるのは“童貞と処女を巡るお色気作品”なんだとか。どうもオリジナルドラマらしく、企画書を見たある大手プロ幹部も『とてもヒットするとは思えない』と困惑していました」

 このドラマのために『スマステ』が打ち切りになったと考えると、ファンのみならず、香取本人もさぞ無念だろう。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。