マンU“ゴール前5.5m”FKの大ピンチから「電撃カウンター」炸裂! わずか20秒でゴール奪取

写真拡大

間接FKを壁11人で守り切ったマンUが、電光石火のカウンターから先制点

 マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレシーズンツアーでサンプドリアと対戦し、2-1で勝利。

 この試合、MFヘンリク・ムヒタリアンが決めた先制点までの一連のプレーが話題となり、英メディアは「電撃のカウンター」との見出しを打って紹介している。

 スコアが動いたのは前半10分。DFダレイ・ブリントが自陣左サイドからゴール方向に向かってバックパス。しかしGKダビド・デ・ヘアはペナルティーエリア左サイドにポジションを取っており、急いで戻るとゴール右隅を強襲するボールを、右手を伸ばして間一髪でセーブ。しかし、味方のバックパスを意図的に手で処理したとして、間接FKの対象となってしまう。サンプドリアに与えられたゴールエリアのライン上からの間接FKに対し、ユナイテッドは5.5メートル離れたゴールライン上に11人の壁を築いた。

 相手選手の蹴ったシュートは壁に当たり跳ね返ると、ユナイテッドはそのボールを拾い右サイドに展開。DFアントニオ・バレンシアが俊足を活かしたドリブルで一気に敵陣へと駆け上がる。高い位置でパスを受けたムヒタリアンは、正確なフィードでサイドチェンジ。ペナルティーエリア左に走り込んでいたDFマッテオ・ダルミアンが中央へクロスを上げたところにムヒタリアンが飛び込み、ヘディングで合わせて先制点を挙げた。

英メディアも賛辞「信じられない!」

 英メディア「GIVE ME SPORT」は最大のピンチから一気に先制点にまで結びつけた電光石火のプレーに対し、「6ヤードの距離で与えた間接FKから、わずか20秒でゴールを奪ってみせた。信じられない!」と賛辞の言葉を送った。

 この試合の勝利により、ユナイテッドは直近7試合で6勝と絶好調。ジョゼ・モウリーニョ監督も公式サイトを通じて、「ポジティブなプレシーズンとなった。全てにおいて非常に良かった」と満足感を示している。今夏もFWロメル・ルカク、MFネマニャ・マティッチら大型補強を敢行したユナイテッドの視界は良好のようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】サンプドリア公式YouTubeが公開した「マンチェスター・ユナイテッド  vs サンプドリア」のハイライト

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=EtzIgnMd8gM&feature=youtu.be&t=30[/embed]

【動画】壁11人の大ピンチから…わずか20秒の電撃カウンターで先制点奪取!