永井豪50周年記念作品 2018年初春全世界公開アニメ「DEVILMAN crybaby」のPV第2弾 &キャスト情報が公開となった。

 原作者・永井豪50周年を記念し、漫画史に残る大傑作、原作漫画「デビルマン」が、新作アニメとして蘇える。タイトルは『DEVILMAN crybaby』。監督は『ピンポン THE ANIMATION』など多くのハイクオリティな作品を手掛け、『夜は短し歩けよ乙女』、『夜明け告げるルーのうた』が今年連続公開となったアニメーション作家、湯浅政明監督。

 先日6月18日には【アヌシー国際アニメーション映画祭】の長編部門にて見事グランプリにあたるクリスタル賞を受賞、長編部門のグランプリを日本の作品が受賞するのは1995年『平成狸合戦ぽんぽこ』以来実に22年ぶりの快挙となった。アヌシーで世界一の称号を得たクリエイターが、日本を代表する原作漫画のアニメ化に挑戦する。

 本日開催された「Netflixアニメスレート2017」内にて発表された『DEVILMAN crybaby』のPV第2弾では、主人公・不動明と飛鳥了が運命の宴に参加したことで、悪魔(デーモン)に襲われ、デビルマン(悪魔人間)に変身するという、原作で最も有名なシーンの一部がダイジェストで登場する。「それは力の歴史だった」「暴力の世界。弱さは死を意味した。強いものだけが生き残る」「今、歴史が蘇る」といったナレーションが流れる中、異形のデーモンたちが人間を襲うシーンや、飛鳥了がデーモンに向けマシンガンを乱射するシーンなど、暴力的なシーンが、フラッシュバックのように展開!さらに「選べ!明!お前が信じていいのは俺だけだ!」という飛鳥了の言葉に、「俺は悪魔ではない!俺は…デビルマンだ!」という不動明の叫びが続き、その二人の【その後の運命】を予見するような特報になっている。



■DEVILMAN crybaby PV第2弾



 さらにPV第2弾の解禁に合わせ、メインキャストも発表。主人公・不動明役に内山昂輝、飛鳥了役に村瀬歩がキャスティング。新たなデビルマンの世界に新たな息吹が吹き込まれる。今回、キャスト2名よりメッセージが到着た。

■内山昂輝(不動明役)コメント

テレビで観られないようなものが観たい。普段ぼくが一観客として望んでいることの一つですが、正にそんなヤバいアニメが出来上がりつつあると思います。以前『ピンポン』でお世話になった方々とまた一緒にお仕事できること、本当に幸せなことです。早く『DEVILMAN crybaby』が世に出て、世界中の大人のみんなにびっくりしてほしいです。

■村瀬歩(飛鳥了役)コメント

日本のマンガを代表する作品に参加させていただけるのが夢のようです。既に収録が始まっているのですが、毎回鮮烈な内容と攻めた表現に役者としても全力で挑ませていただいています。原作の色褪せない世界観が現代に蘇るとどうなるか楽しみにお待ちください。飛鳥了としての声が皆さんに届く日が僕自身とても楽しみです。

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

▶︎ AbemaTV(アベマTV)では「 アニメ24チャンネル 」「 深夜アニメチャンネル 」「 新作TVアニメチャンネル 」「 家族アニメチャンネル 」「 なつかしアニメチャンネル 」の5つの専門チャンネルで、多彩なジャンルのアニメ作品を毎日放送中。