日大藤沢にPK戦で敗れ大会連覇を逃した市立船橋【写真:編集部】

写真拡大

ロスタイムに失点&PK負けで連覇ならず涙…監督「ワンプレーが軽い。まあいっか精神」

 全国高校総体(インターハイ)は3日、男子サッカー準決勝で市立船橋(千葉)が日大藤沢(神奈川)に1-1で突入したPK戦で敗れ、大会連覇を逃した。後半ロスタイムのラストワンプレーから同点に追いつかれ、まさかの敗戦。朝岡隆蔵監督は「ワンプレーに対する思いが軽い。まあいっか精神」と選手の弱点を指摘した。

 悪夢を見ているようだった。

 1-0でリードして迎えた後半、ロスタイム。前線で不用意なファウルでフリーキックを与えた。すでに2分間のロスタイムを経過し、3分に突入しようとしていた。そして、運命のワンプレー。センターサークル後方から相手GKがロングパスし、クリアして浮いたボールに詰めきれず、途中出場の日大藤沢MF菊地大智(3年)に豪快に右足でボレーを叩き込まれた。

 このまま試合は終了。最後の最後の一つのプレーで、70分守り続けたゴールネットを初めて揺らされた。痛恨の同点弾。起死回生の一撃に歓喜に沸いた日大藤沢イレブンとは対照的に市立船橋はガックリと肩を落とした。

 悪夢は終わらない。PK戦、両チーム成功して迎えた4人目、日大藤沢が決めたが、市立船橋は外した。最後の5人目は日大藤沢に冷静に決められ、3-5で敗戦。選手たちはその場に倒れ込み、涙を流した。

 王者の連覇の夢が潰えた瞬間だった。

「サッカーだから起こり得ること」…なぜ、王者は伝統の堅守で守り切れなかったのか

 試合後、そう語ったのは、朝岡隆蔵監督だ。いったい、なぜ、王者は伝統の堅守で最後までゴールを守り切れなかったのか。指揮官は、努めてサバサバと選手たちの弱点を指摘した。

「まだワンプレーに対する思いが軽い。ミスしても(失点につながらなければ)ごまかされてしまうのがサッカー。起こり得るミスが数ある中でワンプレーが非常にルーズです」

 昨年はインターハイを制し、夏の王者に君臨した。しかし、日常生活からしても“隙”は見え隠れしていたという。

「大勢に影響がなければ、やらなくてもいいやという感覚。『まあいっか精神』です。最後は大丈夫だろうと。ここを絶対に守ってやる、このボールを拾わなきゃという気持ちが感じられなかった」

 指揮官は、そう言って敗因を分析した。

「身をもって知らなきゃいけない時がある」…ホロ苦い夏の経験とともに再出発

 試合は両者とも積極的に仕掛ける様子がなく、前半から膠着した状態が続いた。

 後半23分にコーナーキックの混戦からMF郡司篤也(2年)が決め、先制したが、以降、追加点を奪うことができなかった。「試合の進め方は悪くなかったけど、(仕掛けが)ぬるいゲームで相手と同じようにやっちゃいけない。プレッシャーがない中でも、ボールを回して終わっている。もっとチェンジサイドしたり、攻めていっても良かったけど」と指揮官は嘆いた。

 まさかの形での敗戦。選手たちは涙に暮れたが、まだやり返すチャンスは残されている。

「身をもって知らなきゃいけない時がある。負ける経験もしないといけない。それでも、今大会は4試合を戦うことができた。これをいい経験にしていかないといけない」

 朝岡監督は視線を上げ、冬に向け、チームを立て直すことを誓った。果たして、ワンプレーに露呈した「軽さ」を払拭し、復活を遂げることはできるのか。

 王者はホロ苦い夏の経験とともに再出発を切る。