星野源が表紙を飾る話題のPERSONの素顔に迫るPHOTOマガジン「TVガイドPERSON」の最新号「vol.60」がついに完成した。発売前にもかかわらず、amazonの売れ筋ランキングで第1位(エンターテイメント部門)を記録するなど、早くも話題騒然のその全貌が明かされた。

表紙に打ち出された特集タイトルは「僕の魂が、呼吸する」。昨年、出演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)とその主題歌「恋」の大ヒットにより、一躍スターの仲間入りを果たした星野源が、この夏、新ドラマ「プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜」(WOWOWプライム)で主演を務めることになった。

インタビューでは同作の舞台裏エピソ―ドを語るほか、「お芝居が楽しくなってきたのはつい最近」という星野が胸の内を明かす。一方、待望のニューシングル「Family Song」が間もなくリリースされる。’60〜’70年代ソウルのニュアンスを取り入れたというこの新曲について、「自分たちの生活している場所や状況を描くことが僕なりのソウル」と、歌詞に込めた思いを語る。俳優として、歌手として、その両面から、表現者・星野の中に息づく“魂”を探った。

そのほか、「テゴマスのらじお」(MBSラジオ)が放送300回を迎えたことから、増田貴久と手越祐也がそろって登場する。2人の撮り下ろしグラビアだけでなく、収録現場が独占取材されている。ラジオならではのアットホームな雰囲気が感じられる、リラックスした2人の姿は永久保存版だ。

また今春発売されたファースト写真集「五つ星」のスペシャル企画として、メンバーを代表して戸塚祥太が登場し、写真集において自ら提案したという女装姿、その名も“ラウラ”が大反響だったため、そのお宝カットを一挙公開する。さらに「ザ少年倶楽部」(NHK BSプレミアム)でこの写真集が取り上げられると聞きつけ、 本誌がその収録回に初潜入している。Sexy ZoneとA.B.C-Zの楽しげなやりとりや、中島健人と菊池風磨によるハグなど、未公開シーンもたっぷりと掲載されている。

さらに今号から新連載が2本スタートされる。EXILE TRIBE総出演のアクション大作「HiGH&LOW」の劇場版が今年2作続けて公開されることから、その第1弾は黒木啓司とNAOTO、関口メンディーがそろって登場する。共にパフォーマーとして、刺激し合える関係性などを語った。

多種多様なキャストが一堂に集う「TVガイドPERSON 」vol.60は、8/9(水)から全国の書店にて発売される。