Mozilla、自動暗号化ファイル共有サービス「Send」公開。開発中機能をお試しできるTest Pilotより


Mozillaが、実験的機能やサービスを一般開放して開発を加速する「Test Pilot」プログラムで、新しいファイル共有サービスSendを公開しました。

ユーザー同士で最大1GBまでのファイルを受け渡し可能、アップロードしたファイルは暗号化するうえ、ダウンロード完了もしくは24時間経過時点で自動的に削除するため、何らかの方法で第三者に渡る心配もありません。

Mozilla Sendのコンセプトやしくみは新しいものではありませんが、MozillaやFirefoxブラウザーの知名度とドラッグ・アンド・ドロップだけでネットを経由してファイルを送れる手軽さはユーザーに使ってみようと思わせるに十分な魅力を持っていそうです。

またこのサービスはFirefox以外でも「あらゆるモダンブラウザー」で利用できます。

 


もちろんSendは記事執筆時点でまだテスト段階のサービス。したがって何らかの不具合があったり、ある日突然サービスが終了したりすることがあるかもしれません。しかしSendを気に入る人が増え利用者が多くなれば、もっと手軽に使えるようになる可能性もあります。

Mozillaは「Test Pilot」プログラムでSendの他にも、音声検索ツール「Voice Fill」、ブラウザーのサイドバーで使えるちょっとメモ機能「Notes」も公開しています。