美女と野獣

写真拡大

不朽の名作をディズニーが実写映画化し、2017年に公開した邦画と洋画を合わせてもナンバーワンの大ヒットを記録した『美女と野獣』のMovieNEXが10月4日(水)に発売される。それに先駆け、特別映像の一部が解禁となった。

1991年にディズニーアニメーションとして公開された『美女と野獣』は、アニメ映画史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた超大作。作曲は「ホール・ニュー・ワールド」(『アラジン』)や「アンダー・ザー・シー」(『リトル・マーメイド』)などでアカデミー賞歌曲賞を受賞したアラン・メンケン。もちろんアニメーション版の劇中歌もアカデミー賞/ゴールデングローブ賞/グラミー賞を総なめにしており、実写版では新たな3曲をメンケンが加えたことでも話題を呼んだ。

主人公の知的な女性ベルを演じたのは、『ハリー・ポッター』シリーズで知られるエマ・ワトソン。そして野獣役を、現在は『レギオン』でデヴィッドを好演中のダン・スティーヴンスが務めた。ほかにもルーク・エヴァンス(『ホビット』)、ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』)、エマ・トンプソン(『父の祈りを』)、イアン・マッケラン(『ロード・オブ・ザ・リング』)など、絢爛豪華な実力派スターが結集した。

今回公開された映像は、ルーク演じる村1番の強者ガストンの見せ場「強いぞ、ガストン」が歌われる場面の台本読み合わせ。通常、読み合わせというのは、そのシーンのセリフを順に読んでいき、ストーリーなどの流れを全員で共有するためのざっくりとしたものだが、本作の読み合わせは、一味違った。なんとそこで行われたのは、歌やダンスなど、本番さながらの迫力やクオリティのある"リハーサル"だったのだ。その様子に、ガストンの相棒ルフゥ役を務めたジョシュ・ギャッドも「一つの舞台だったよ。あんなの初めてだ」と驚愕の様子。この映像は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

『美女と野獣』MovieNEXは10月4日(水)より発売開始。(海外ドラマNAVI)