3日、沖縄県宮古島市のレジャー用品貸し出し業者が、中国人には日本人の10倍の値段でパラソルを貸すとの看板を出していたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

写真拡大

2017年8月3日、沖縄県宮古島市のレジャー用品貸し出し業者が、中国人には日本人の10倍の値段でパラソルを貸すとの看板を出していたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

環球網が日本メディアの報道として伝えたところによると、この業者は同市のビーチに「中国人のみ2万円」と書いた看板を出していた。一方、日本人向けの看板は「パラソルセット2000円」。これを見た人からは差別を疑う声が寄せられたという。業者は中国人観光客5人が1人用の椅子に座って椅子が壊れたことがあると話し、差別ではないと説明、今年は貸したくないとの理由から値段を10倍にしたのだそうだ。記事は問題の看板がすでに撤去されていることや、日本のネットユーザーから賛否両論が寄せられたことを紹介、業者に否定的な意見としては「壊したら弁償って書けば良かった。こんな書き方は差別」「中国語を勉強して中国語で注意すればいい。差別はだめ」といった声が上がったことを伝えた。

この記事に対して中国のネットユーザーからは「やりすぎ。明らかに差別」「多くの日本人が中国人を見下している。日本にはなるべく行かないでいよう」というコメントが出る一方、「中国にだって日本人を差別する店はたくさんある」「日本以外にも中国人を差別する国は数多くある。相手を責める前に原因を考えるべき。中国人観光客のマナーには確かにがっかりしてしまうことがある」「海外に行けるくらいなのにどうしてこんなにマナーが悪いのだろう」「ギリシャで船に乗ったらトイレの使い方について中国語でアナウンスが流れた。この放送…中国語だけだったよ」などの声も聞かれた。

また、実際に日本に留学している中国人大学生に意見を聞いてみたところ、「観光客のマナー違反で出る損失を減らすために業者が何らかの措置を取ることは理解できる。一部の中国人観光客にマナー改善の必要性があることも確か。ただ、この業者のやり方はとても乱暴。最初に保証金を払ってもらうというのが良い解決方法ではないかと思う」というコメントや、「まず思ったのはこの業者の中国人に対する見方が偏っているということ。一部の中国人が国内にいるのと同じ感覚でしてしまったマナー違反が彼らを不愉快にさせてしまったのだろうが、海外の習慣や礼儀に気を遣う中国人観光客だって数多くいる。『中国人はみんなこんな感じ』と思われているのかもしれないが、日本にだってルールを守らない人はいるでしょう?仮に中国人全員がこんな感じでもこの看板は間違い。意思を伝えるために別の方法を考えるべきだったのではないだろうか」という指摘が寄せられた。(翻訳・編集/野谷)