上西小百合衆院議員が3日、自身のTwitterを更新し、神戸市議の橋本健との不倫疑惑で話題の今井絵理子参院議員を批判したタレントのフィフィに反発した。

 フィフィはTwitterで「もう客寄せパンダの役目すら果たせないのに、まだ今井絵理子氏を議員として続けさせてるとか、どうかしてる」と批判し、「不祥事続きのこんな時だからこそクビを勧告するような事しなきゃ国民の信頼を回復できないのに、黙り貫きゃ党のメンツが守られると思ってんの? そもそも出馬させた自民の責任は大きいんだよ」とつづった。

 さらにフィフィは「何が一番有権者の怒りを買ったかって、『一線を越えてない』って言葉でそれを正当化しようとした事ね。議員としても期待できないし、税金も使われたくないでしょ」と有権者としての怒りもつぶやいている。

 これに上西議員が反応。「世間に媚びるつまらない批判。今井議員を待っている人がいる事をわかりもしないで生意気」とフィフィのツイートを批判した。

 これまで、たびたびTwitterで交流の様子を見せてきた上西議員と今井議員。不倫疑惑が報じられた際、上西議員は「週刊誌も読んでないし、真相もわからないけれど速やかに対応して、通常通り政治活動を行って欲しい。今井議員が来るだけで元気が出る人がいるんだから」と今井議員にエールを送っていた。