成立学園中学・高等学校

写真拡大 (全2枚)

 成立学園中学・高等学校は7月31日、平成30年度(2018年度)中学入試において「ナショジオ入試」を新たに始めると発表した。2枚の写真から感じることや課題を考察し論述するという、記述式の入試。9月16日には、サンプル問題の体験会が実施される。

 成立学園では、教育目標として「見える学力」と「見えない学力」の両方をバランスよく育むことを掲げており、これらの目標を具現化する特徴的な取組みとして「アース・プロジェクト」を実施。その中で、「ナショナル ジオグラフィック日本版」を活用し、疑問・発見・驚き・調べる・協力する・伝えるといった学習プロセスを経験する、教養プログラムが行われている。

 「ナショジオ入試」の導入には、地球規模の現実を本質的に理解すること、今後直面するであろう「正解のない問題」に真摯に向き合い、教科の枠にとらわれない論理的思考力・発信力を身に付けた人材の育成という、成立学園が目指す教育内容をより強く表明するというねらいがある。さらに、成立学園のアドミッションポリシーである「文系・理系にとらわれない広い領域への知的好奇心と創造力」「多様な文化との対話ができるコミュニケーション能力」などをより明確にはかるという。

 出題内容は、2枚のナショナル ジオグラフィックの写真を見て、それぞれの写真から感じること、その奥に潜んでいる課題について考察し、100字で論述すること。また、写真の課題の共通するテーマについて、自分の経験を踏まえて350〜400字で具体的に表現するというもの。試験時間は50分で配点は100点。

 9月16日に実施される体験会では、実施のナショナル ジオグラフィックの写真を使ったサンプル問題の体験・解説を行う。7月30日のオープンスクール内でも体験会が実施されているが、前回とは違う写真、深め方をするという。申込みは成立学園Webサイトから行うこと。

◆第2回「ナショジオ入試」に関する体験会

日時:平成29年度9月16日(土)14:00〜15:00

申込方法:成立学園Webサイトから申し込む 《リセマム 黄金崎綾乃》