ヤマハ、「おもてなしガイド」の東海道新幹線車内での実証試験を開始

写真拡大 (全4枚)

ヤマハと東海旅客鉄道は、2016年8月より東海道新幹線の駅構内で、ヤマハ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を実施しているが、駅構内に加えて、一部の東海道新幹線車内での実証試験を開始する。訪日外国人や音を聞きづらいユーザーなどへの情報提供の充実を目指し、本サービスの有用性について引き続き検証していくのが目的だ。

今回の実証試験は、利用する人自身がアプリケーション「おもてなしガイド」をダウンロードして使用することで、日本語のアナウンスの内容を、持っているスマートフォン等の画面に、日本語を含め多言語に翻訳された文字で表示するもの。新幹線車内の放送装置を利用して、お客様のスマートフォン等に列車内の「案内放送」を任意の言語に翻訳表示する。

対象言語は日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語(7カ国8言語)。

具体的には、N700系の2編成にて、自動放送を対象にした実証試験を実施するほか、一部の列車内にて、車掌の肉声放送を対象にした実証試験を実施する。肉声放送を対象にした実証試験では、「おもてなしガイド」の機能を活用して、車掌による日本語放送の後に英語アナウンスを音声で付加して放送する機能も確認する。高速で走行する列車内で、システムの安定性や音声認識の正確性などの技術的な課題を確認する。

■試験期間
開始:平成29年8月3日(木)以降
終了:平成30年2月頃(予定)



■「おもてなしガイド」ウェブサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・LINE Pay、スマートフォンのみで外貨両替が可能な「LINE Pay外貨両替」を7月24日から開始
・LINE、新会社「LINE GAMES」を設立
・東京メトロ AR技術を活用した土木構造物の維持管理教育用アプリの使用を開始
・藤岡弘、さんと鈴木奈々さんがITエンジニアにエール!「ワークスタイルリフォーム ビフォー・アフター大賞」発表会
・LINEから簡単お得に買い物が楽しめるショッピングサービス「LINEショッピング」がスタート