トーマス大好きな子どもたちに朗報! きかんしゃトーマスと東京スカイツリーのコラボレーションイベント「Let’s Go! TOKYO SKYTREE!!® スカイツリーに、トーマスとなかまたちがやってきた!」が8月31日(木)まで開催されています。

東京スカイツリーのどこにトーマスがいるの? 子どもが楽しめるイベントなの? そんな疑問を確かめるために、子どもと一緒に行ってきました!

■待ち時間は何分? 子どものテンションアップの企画開催中!

イベントを行っているのは、「東京スカイツリー天望デッキ、天望回廊」。このためまずは、天望デッキへの入場チケットを買うために、販売窓口へ並びます。私たちが訪れたのは土曜日の午後4時頃で、チケット購入までにかかった時間は40分ほど。

「そんなに長く並ぶのはイヤ!」という人は、東京スカイツリーの公式サイト(2ヶ月前〜2日前まで販売)やセブン-イレブンの店頭(2ヶ月前〜前日まで販売)で、日時指定券を購入しておくと少ない待ち時間で入場できます。

●トーマスたちをさがしに行こう!スタンプラリー

入場チケットと一緒にもらえるスタンプ台紙。スタンプを5つ集めると、オリジナルのステッカーがもらえます(景品がなくなり次第終了)



高速エレベーターに乗りこむと、あっと言う間に地上350mの天望デッキに到着! エレベーターを降りた正面に、早速スタンプ台を発見しました。柱にもトーマスとなかまたちの絵が描かれ、行列で疲れていた子どものテンションがイッキに上がります。

スタンプ台は、天望デッキ フロア350、天望デッキ フロア345、天望回廊 フロア 450、5階出口フロア、1階団体フロアの5ヶ所にあります



天望デッキは360度ガラス張りで、東京タワーや関東平野などの大パノラマが楽しめます。一周して景色を堪能したら、チケット売り場に行き、天望回廊の入場チケットを購入。今度はシースルーの天望シャトルに乗り、さらに100m上にある天望回廊へと向かいます。

外の景色が見えるシースルーの天望シャトル。なかはトーマスとなかまたちの装飾で彩られ、モニターにもトーマスが映し出されます



■地上450mがトーマス一色になっていた!

エレベーターを降りると、そこはトーマスが迎えてくれる「くものうえの駅」。150ものキャラクターが集合した「空に浮かぶわくわくトンネル」や等身大サイズのトーマス&ジェームスが描かれたパネル、トーマスシリーズ25周年を記念した25段のプラレールタワーなど、子どもたちを喜ばせる仕掛けが次から次へと待っています。

●空に浮かぶトンネル

壁に描かれたトーマスのなかまたちは、全部で150! マニアックなキャラクターまで網羅されていて、トーマス好きにはたまりません。中に隠れている5つのクイズを解くのも、楽しみのひとつ



●プラレールタワー

特設ショップの隣にある、巨大なプラレールタワー。触れて遊ぶことはできませんが、見るだけでも大迫力!



●等身大トーマス号&ジェームス号

トーマス&ジェームスに加え、SL「大樹」の実物大パネルが並びます。隣に立って背比べ!



●空にいちばんちかい駅


最終目的地の「空にいちばん近い駅」に到着! 虹と星に囲まれたトーマスとパーシーに乗って記念撮影をしたら、冒険は終わりです



■花火、プロジェクションマッピング。親子で楽しめるイベントがいっぱい
ほかに、きかんしゃトーマスと並んで撮影ができるグリーティング(土曜・日曜・祝日の9時30分/11時/14時/15時30分、1日4回、無料)も行われているので要チェック!

また、天望デッキにある「SKYTREE CAFE」では「花咲く草原を走る☆トーマスのカレープレート(1,200円 税込)」や「いたずら好きパーシーのはじけるメロンソーダ♪(600円 税込)」などのイベントコラボメニューも楽しめます。

夜には、天望デッキの窓に花火の映像を写すプロジェクションマッピング「TOKYO SKYTREE 天空大花火〜打ち上げ花火、上から見ても丸いのか?〜」の上映(〜9月30日)もあり、イベントが盛りだくさん。

312ものショップがある「東京ソラマチ」と直結しているので、子連れでの食事や買い物にも困りません。にぎやかなトーマスの世界と大都市東京のパノラマビューを一度に楽しめる今回のイベント。子どもはもちろん、大人も一緒に楽しめそうです。
「Let's Go! TOKYO SKYTREE®!!
スカイツリーに、トーマスとなかまたちがやってきた!」
期間:7月15日(土)〜8月31日(木)
場所:東京スカイツリー天望デッキ、天望回廊
料金(当日券):東京スカイツリー®天望台への入場料
公式サイト:http://www.tokyo-skytree.jp/


(まちとこ出版社)