真木よう子「胸はFカップ」明言で“見ごたえ倍増”のドラマ「あのシーン」!

写真拡大

 もはや背に腹は代えられない状況!?

 主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)の視聴率が悪戦苦闘中の真木よう子が、ファンが今まで気になっていたあの疑問についての明確な答えを出し、話題を集めている。

 真木は7月27日に放送された同ドラマ第3話放送中にツイッターにて、撮影中の裏話を明かしたりしながら、視聴者のコメントに返信をするのに奮闘。

 その中で、あるユーザーからは真木の自慢のバストが「垂れているのでは?」という失礼なコメントが見受けられたのだが、それに対しても真木は「子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と、ド真面目に返信。

 女性が成熟していく過程の中でどうしようもないことについてもしっかり対応したのはさすがだが、それ以上に真木のバストカップが「Fカップ」であることが発覚したことに世間は衝撃を受けている。

「今回のドラマで真木が走るシーンが割と頻繁にあり、そのたびに豊かなバストが激しく揺れていることもあって、真木のバストの大きさを視聴者は改めて感じていたが、実は真木、今まで胸のサイズを非公表としていました。そんな真木があっさりバストサイズを明かしているのにはビックリです」(エンタメ誌ライター)

 ファンからは「やっぱり、Fだったか!」「子ども出産する前は何カップだったの?」「やっと俺たちのモヤモヤが晴れたよ」といった反応が見られたが、いったい真木はどういう心境の変化で今回のカミングアウトに至ったのか。

「やはり主演ドラマの視聴率アップのための話題作りの線が濃厚でしょう。第3話の平均視聴率は前週よりわずかに上昇したものの、4.8%といまだ低空飛行中。初回放送前にドラマ視聴をお願いする主演女優としては前代未聞の土下座動画を公開したり、視聴率が苦戦する原因について『夏は皆様やはり外に出てしまいますから夏に高視聴率を取るのは難しいのです』と、苦し紛れの分析をしていたりと、本人も視聴率にかなりこだわっている様子。もはやヤケクソ気味の真木にとっては胸のサイズの公表ぐらいはしかたないというところでしょうか」(前出・エンタメ誌ライター)

 ここは、真木のバストサイズが「Fカップだ」と意識しながら次回以降の彼女が走るシーンに注目するのも一興かも。

(田中康)