元女子7人制ラグビー日本代表のコンディショニングコーディネーターを務める平井晴子氏【写真:編集部】

写真拡大

世界レベルのアスリートを育てるために…立命館大が「GATプログラム」を開始

 世界レベルのアスリートを育てるためには、その選手の秘めるポテンシャルもさることながら、怪我の予防や早期のリハビリテーションなど、いかに安全管理を徹底できるかが課題になる。そのうえで、重要な役割を担うのがアスレティックトレーナー(ATC)の存在だ。

 立命館大学は2017年より、日本の大学で唯一体系的に米国ATCの取得可能な「グローバル・アスレティック・トレーナー・プログラム」(GATプログラム)を立ち上げた。同大学出身で、現在は日本ラグビーフットボール協会で元女子7人制ラグビー日本代表(サクラセブンズ)のコンディショニングコーディネーターを務める平井晴子氏は、卒業後にアメリカに渡り、サンディエゴ州立大学でアスレティックトレーニングについて学んだ。ATCになるきっかけは、高校時代のある出来事だったという。

 漠然と「スポーツを陰で支える人になりたい」とアメリカンフットボール部のマネージャーとなった平井氏。在学中、高校へ現場実習にやってきたATCとの会話から新たな選択肢を授かった。

「当時は、選手が怪我をしたときにどうやって対処したらいいか分かりませんでした。氷を渡すことしかできず、テーピングも自己流でやっていて、もどかしい毎日を送っていました。そんなとき、アメリカの大学だとこんなことを学ぶよという話を聞いて、『私がやりたいのはそれだ!』と。じゃあ、アメリカに行くしかないなと思ったのがATCを目指した始まりです」

アスレティック・トレーナーとなった平井氏の信念「すべてはチームの勝利のため」

 もちろん、日本でもトレーナーの実体験はあると聞いていたが、「スポーツの最先端と言えばアメリカ、ATCがいいかな」と直感を信じて、アメリカへと渡った。ATCになるには、知識はもちろん、3000時間にのぼる現場経験を積まなければならない。平井氏は「学校の勉強と現場実習のバランスには苦労しました」と笑いながら当時を振り返る。

「お昼過ぎくらいまで授業を受けて、夕方から夜まで現場実習に出る。その後に図書館で次の日の課題を勉強するので、ソーシャルライフがあまりない4年間でした」

 現在は、アメリカで学んだものをサクラセブンズに還元する立場となった。ATCは選手が健康な状態で競技に取り組むことができるようにサポートする、最も選手に近いスポーツ医療チームの一員だ。平井氏が今、一番心がけていることは何か。

「選手を支えている役職には、ATCの他にも、トレーニングコーチやスポーツドクター、管理栄養士など様々な立場の方がいます。残念ながら、ひとりの選手に対して私が全部が全部、万全のケアができるわけではありません。必要な時に、専門性を持った方に業務を振り分けられるように、コミュニケーションを取るように心がけています。すべてはチームの勝利のためです」

「“アスリートファースト”で行動できるように学んでもらいたい」

 このたび、立命館大学が立ち上げたGATプログラムについて平井氏は、「国内でもATCについて学べるのは素晴らしいこと。私の(在学していた)頃にはなかったプログラムなので、今の学生はうらましいです」と笑う。

「ATCという職業は、まず選手が中心にいて、その選手を支える立場です。何を目的に選手とコミュニケーションを取りたいのか、何を目指したいのか明確にすること。これからATCを目指す方には、“アスリートファースト”で行動できるように学んでもらいたいです」

 ATCを目指す方に熱いメッセージを送った平井氏。このプログラムが、新たなATCの誕生、ひいては日本の競技レベルの向上の大きな後押しとなることを期待したい。