「スマートイルミネーション横浜 2017」開催 - 独創的な光の作品群で横浜の夜を彩るアートイベント

写真拡大

「スマートイルミネーション横浜 2017」が、2017年11月1日(水)より神奈川・象の鼻パーク、関内地区及び横浜都心臨海部、横浜市内各所などで開催される。

2011年に発生した東日本大震災後、都市空間における省エネルギー技術活用の高まりを契機にスタートした「スマートイルミネーション横浜」は、2016年度には19万人を超える動員を記録した国際アートイベント。

今回で開催7回目を迎える「スマートイルミネーション横浜 2017」では、11月1日(水)から5日(日)までの期間、アートとスマートテクノロジーの融合と位置づけた「コアフェスティバル」として、国内外のアーティスト達の作品が集うアートプログラムのほか、学生や若手アーティストの育成の場でもある「スマートイルミネーション・アワード 2017」を実施。様々な独創的な光の作品群で、横浜の夜を彩る。

また、11月1日(水)から12月31日(日)までの期間は、横浜市内全域の多彩なイルミネーションを横浜夜景として発信する参加型プログラム「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」を展開。「みんなでつくる横浜夜景」をコンセプトに、様々な主体が市内各所で繰り広げるイルミネーションや夜景イベントなどを紹介する。

【開催概要】
「スマートイルミネーション横浜 2017」
開催期間:
■「コアフェスティバル」
期間:2017年11月1日(水)〜5日(日)
会場:象の鼻パーク、横浜都心臨海部
入場:無料
<アートプログラム参加予定アーティスト>
市川平、Kateryna Snizhko(ウクライナ)、川辺ナホ、北村康恵、木村崇人、日下淳一、Jaime Ibanez(オランダ)、スイッチ総研、曽谷朝絵、盒橋太、千田泰広、原倫太郎、平澤賢治、Martina Stock(オーストリア)、森貴之、Lilian Bourgeat(フランス)ほか

■「ヨコハマ・イルミネーション・マンス」
期間:2017年11月1日(水)〜12月31日(日)
※プログラムにより開催期間は異なる。
会場:象の鼻パーク、横浜市内各所
入場:無料


[写真付きで読む]「スマートイルミネーション横浜 2017」開催 - 独創的な光の作品群で横浜の夜を彩るアートイベント

外部サイト

  • 「ハロウィンスイーツビュッフェ」オバケ&魔女の帽子のお菓子 - 大阪・ホテル阪急インターナショナルで
  • 「ボストン美術館の至宝展」東京&神戸で - ツタンカーメンからゴッホ、村上隆まで時代を超えた80点
  • イギー・ポップやデヴィッド・ボウイを魅了したアーティスト、日本初の展覧会ディーゼルが渋谷で開催