元2NE1のBOM「私はやってない」意味深発言…憶測広がる

写真拡大 (全2枚)

2NE1出身の歌手BOMが「私、本当にそれやっていない」と誤解を解きたいという意思を示し、ファンの関心が集められている。

BOMが本日(3日) の夜中と午前の2回、自身のInstagramでライブ配信を行いファンとリアルタイムでコミュニケーションした中、24時間リアリティ番組をやりたいと話した。その理由として「誤解も解きたい」を挙げた。

「本当に報道されたのが事実ではないからだ。私、本当にやっていません。私、それ、やってませんって!」と強調した。

BOMは具体的に自身に関する誤解がどんな誤解なのか、また「それ」が何を話しているのかは明確にしなかった。

ただネットユーザーは2014年に問題になった、アンフェタミン事件に対して言及したものと推測している。

BOMは2010年、麻薬類として分類されるアンフェタミンを密輸入しようとしたが、仁川(インチョン) 国際空港の税関で摘発されたことがある。

当時、検察はBOMを召喚して調査を行ったが麻薬服用の意図がなく、治療目的の状況が確認され、立件猶予することにした。

該当事件が4年後である2014年に人々に知られ、当時これを巡って多くの論争が起こった。

その後、BOMは自粛しながら活動を中断した。そして2015年に「Mnet Asian Music Awards」にサプライズ出演したが、この他に特別な放送活動はしなかった。

そのような状況で昨年11月、所属事務所であるYG ENTERTAINMENTが2NE1の公式解散と共にBOMとの契約満了を発表したことがある。

元2NE1のBOM「誤解を解きたい」SNSライブ配信で突然の心境告白