カカオバンクが発行するデビットカード(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国IT(情報技術)サービス大手、カカオの主導で設立されたインターネット専業銀行「韓国カカオ銀行(略称・カカオバンク)」は3日、先月27日の営業開始から1週間で口座開設数が150万口座を突破したと発表した。この日午前7時までに151万9000口座が開設された。預金残高は6530億ウォン(約640億円)、融資残高は4970億ウォンと集計された。

 カカオバンクは、今年4月初めに開業した韓国初のネット専業銀行「Kバンク」の顧客数に短期間で追いついた。顧客の相談ニーズに対応するため、相談担当者を80人ほど増員し、第2顧客センターを設置する方針だ。