「歩きスマホ」にはもしもの危険が潜んでいる。たとえ南国のリゾートアイランドであっても。

先だって、オアフ島ホノルル市議会で、この歩きスマホを厳しく取り締まる条例が可決されました。知らずに違反した場合、罰金を課せられることにも。

電子機器全般
「ながら歩き」に注意!

違反の対象になるのは手元で使う電子機器全般。スマホはもちろん、タブレットやビデオゲームもその対象。さらにはデジカメ(ディスプレイを覗き込んだらアウト)も含まれるというから、旅行者であっても他人事とは言ってられません。

あくまで禁止となるのは、道路を横断しながら使用する行為。けれどそこはワイキキ。ビーチの向こうに沈む夕日を撮影しよう、なんて迂闊に道路を渡ったりしたら…ということ。

程度によるのか、罰金は15〜35ドルとバッファがあるようです。これ、初めて注意されたときの金額で、2回目となるとさらに罰金が課せられるんだとか(最大で99ドル)。もちろん、何かトラブルに巻き込まれたり、緊急を要するような電話使用については例外ですけどね。

これだけ厳しく取り締まるのも、ローカルだけでなく観光客たちの“ながらスマホ”によるマナー違反や、接触事故が頻発している現状があるから。

ホノルルから本土へ
条例制定までの決断力

これはオアフ島だけに言える話ではありませんが、ワイキキでこのような規制が始まる背景には、アメリカ国内の事情を反映し、本土に率先して条例化までもっていくホノルル市議会のアイデンティティがあるように思えてなりません。

というのも「US National Safety Council」によると、2000年からの10年間で歩行中に携帯電話を使用しながらケガをした人の総数は11,000人以上にのぼるそうです。おそらくその大半はアメリカ本土のものでしょう。

一昨年には、環境への影響を懸念してレジ袋を全面的に禁止したハワイ。当時も本土に先駆けての試みでしたが、「歩きスマホ禁止」も、もしかしたらホノルル発のスタンダードとなるかもしれませんね。

そうそう、条例の施行開始は、2017年10月25日から。夏の混雑を避けてオアフを訪れようというみなさん、ご注意を。

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2017/08/04 16:30)

Reference:US National Safety Council,City and County of HONOLULU