土用の丑(うし)の日に食べたくなるうなぎ。しかしながら最近では、漁獲量の低下により、食べるのを控えている人もいるようだ。

 以前トゥギャッチでは、味や食感がうなぎにそっくりな代用レシピを紹介したが、Twitter上では、別の意味での代用品(?)が注目されている。

 投稿者がスーパーマーケットで発見したのは、「うなぎぱん」と「蒲焼デニッシュ」。前者はうなぎ自体を、後者はうなぎの蒲焼きをモチーフとしたパンのようだ。特に蒲焼デニッシュは、表面の照りや焦げ目がうまく再現されており、その完成度は高い。

 Twitterユーザーからは、「クオリティが高い」「見たら絶対買ってしまいそう」と絶賛する声が上がっている。また、「どうせならパック包装で陳列してほしかった」と、さらに再現度を高めるためのアイディアも寄せられた。

 2017年の夏は、8月6日にも再度「土用の丑の日」がやってくる。うなぎを食べない人も、このような商品で雰囲気だけでも味わうのはいかがだろうか?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら