画像提供:マイナビニュース

写真拡大

マツダは3日、「CX-5」「アテンザ」の全機種に先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備して発売した。同社は2017年度中に国内で販売する主要5車種に「i-ACTIVSENSE」技術を標準装備すると公表しており、今回発売する「CX-5」「アテンザ」は、「デミオ」「CX-3」に続く先進安全技術を標準装備したモデルとなる。

今回、「CX-5」と「アテンザ」の全機種に、認知支援技術の「先進ライト」と「車線逸脱警報システム」を標準装備した。この2つと、すでに全機種で標準装備している「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」「AT誤発進抑制制御(前進時)」により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」のうち、とくに高齢ドライバーに推奨される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS」(略称「サポカーS」)の「サポカーS・ワイド」に該当する。

車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」をはじめ、車両周囲の危険認知と安全運転をサポートする先進安全技術も新たに全機種に標準装備した。

価格は、「CX-5」が249万4,800〜352万6,200円、「アテンザ」が279万7,200〜400万1,400円(ともに税込)。