ヒカキンさんが週刊誌デビューも…(画像は本人のYouTubeより)

写真拡大

小〜中学生を中心に大人気のYouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)さんが、ついに週刊誌にプライベートを激写された。写真週刊誌『FLASH』(光文社)が報じたもので、記事のタイトルは「年収1億円のYouTuber『ヒカキンの正体』」だ。

だが、この報道を受けて、インターネット上に出たのは「まーたヒカキンの好感度上がるわ」「やっぱり株が上がった」といった好意的な反応ばかり。いったい、なぜなのか。問題の記事を読んでみると......。

「いまや超セレブな彼だが、意外と質素」

2017年8月1日発売の『FLASH』が報じたヒカキンさんのプライベートとは、コンビニでプライベートな買い物をする様子を捉えたもの。Tシャツに短パン姿のラフな格好でコンビニを訪れる本人の写真を掲載している。

記事では、日本トップクラスのYouTuberとして年に1億円超の収入を得るヒカキンさんが、コンビニで栄養ドリンクやスイーツなどを購入したと指摘。その上で、「いまや超セレブな彼だが、意外と質素だ」と評している。

結局のところ、今回の記事は、億万長者のヒカキンさんが「コンビニで庶民的な買い物をした」ことを淡々と伝えるだけの内容。文中には、

「この日、(ヒカキンさんは)コンビニのくじでジュースを当ててニヤリとしていたが、小さな幸せを知るからこそ人々を笑顔にできるのだ」

との言葉もあり、全体として「ちょっといい話」風にまとめられている。

こうした記事を読んだネットユーザーからは、ツイッターやネット掲示板に、

「熱愛か!?結婚か!?って思ってニヤニヤしながら慌てて見に行ったら、、」
「週刊誌に撮られて好感度を上げるヒカキンとかいう男何者だよ」
「ヒカキンにとって全くマイナスの要素がない」
「週刊誌にまで好感度上げて貰えるとかどうなってんだよ」

といった反応が続出している。

ちなみにヒカキンさんは、雑誌の発売日に投稿したYouTube動画で記事に反応。「どうなんでしょうか、コレは...」と苦笑いした上で、

「どこで何をしていても、いつでも撮られていると思って生きて行こうかなと思いましたね。今まで以上にマジメに生きなくては」

との感想を述べていた。

「もう、人として素晴らしすぎる」

実は、ヒカキンさんをめぐっては最近、今回のFLASH報道以外にも「好感度アップ」に繋がるような出来事が立て続けに起きている。

まず注目されたのは、ヒカキンさんと過去に同棲関係にあったと主張する女性が17年3月にツイッターで暴露した内容だ。このときは、同じYouTubeのはじめしゃちょーさんの二股交際スキャンダルが明らかになったばかりで、女性の暴露には大きな注目が寄せられていた。

だが、女性が明かしたヒカキンさんのエピソードは、

「誰の悪口を言っているのも聞いたことがない」
「ガールズバーに行った感想が『つまらなかった』というものだった」

など、いずれも好感がもてる内容の話ばかり。これに、ネットユーザーからは「裏の裏まで聖人なのかよ」と賞賛の声が相次ぐことになった。

また、7月28日に投稿したYouTube動画の内容も話題を集めた。

この動画でヒカキンさんは、品薄状態が続く任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」を10人にプレゼントする企画を実施。応募条件として、ヒカキンさんの動画チャンネルの「通知」をオンにすることを視聴者に求めた。

その翌29日、ヒカキンさんは突如「ヒカキンと一緒に九州北部豪雨の募金しませんか?【拡散希望】」と題した動画を公開。つまり、前日に実施したプレゼント企画に応募した全ユーザーに、この動画の存在が通知されたわけだ。

こうした流れについて、ネット上では「募金の存在を広く知らせるために前日の企画を実施したのではないか?」と推測するユーザーが続出。ヒカキンさんが動画の中で100万円を募金したことを明かした点も含め、

「もう、人として素晴らしすぎる」
「登録者増やしてから募金募るとかもはや聖人を通り越してる」
「スイッチプレゼントがこれの布石とは思わんかったわ ヒカキンほんまええ奴なんやろな」

といった声が相次いでいる。