DAY6のYoung K、新曲「What Can I Do」予告イメージ公開…イケメン高校生に変身

写真拡大 (全2枚)

DAY6が8月7日、新曲「What Can I Do」の公開に先駆けて、メンバーYoung Kの予告イメージを公開した。

JYPエンターテインメントは3日正午、自社の公式ホームページとSNSを通じてDAY6のメンバーYoung Kの予告イメージ2枚を公開した。ソンジン、JAEに続き、3番目の主人公のYoung Kは、イケメン高校生に変身してときめきを与えている。また別の写真でYoung Kは、ベースを弾いて夢幻的ながらも強烈なカリスマ性をアピールし、視線を捉える。

DAY6の8thデジタルシングル「Every DAY6 August」のタイトル曲「What Can I Do」は、心を揺さぶる女性に惚れ込んでしまった男性の気持ちを描いたロックジャンルの曲だ。強烈なベースリフが配置されたヴァース(本編に入る前の導入部分) とミュージカルサウンドの軽快なサビが対比され、シニカルながらもユーモラスな雰囲気を醸し出す。

DAY6は2017年、1年間毎月新曲を発表するプロジェクト「Every DAY6」でファンに会っている。1月に「I Wait」と「冬が終わる」から、2月の「You Were Beautiful」と「My Day」、3月の「How can I say」と「そうするのに」、4月の「イタズラじゃない」と「Say Wow」、5月「DANCE DANCE」と「Man in a movie」などの新曲を披露した。6月には新曲タイトル曲「必ず笑う」と「今日は僕に」を含む1stフルアルバム「SUNRISE」を発売し、“信頼して聴けるDAY6”と好評を受けた。7月にも新曲「Hi Hello」と「Be Lazy」を通じてファンにDAY6ならではの感性を伝えた。

これまで着実に音楽的な成長を見せ、“信頼して聴ける”バンドになったDAY6が、8月に披露するサウンドと率直な歌詞に期待が高まっている。

DAY6の8月プロジェクト「Every DAY6 August」の新曲「What Can I Do」は、7日正午各音楽配信サイトで公開される。