「マンホール」JYJ ジェジュン&元AFTERSCHOOL ユイ&チョン・ヘソン&B1A4 バロの高校時代に視線集中

写真拡大

「マンホール」のJYJ ジェジュン、元AFTERSCHOOLのユイ、チョン・ヘソン、B1A4のバロの4人4色の高校生活が公開された。

「七日の王妃」の後番組として韓国で8月9日の初放送を控えているKBS 2TV新水木ドラマ「マンホール−不思議の国のピル」側は3日、青春過剰トルベンジャーズ(トルギ(変わり者)+アベンジャーズ / クレイジーなアベンジャーズ) 4人組ジェジュン、ユイ、チョン・ヘソン、バロの個性あふれる高校時代のスチールカットを公開した。

「マンホール」は“天に選ばれた”無職のポン・ピル(ジェジュン) が、偶然マンホールに落ちたことから展開される、バラエティ満載の“ピル生ピル死”な時間旅行を描いたランダムタイムスリップドラマだ

公開された写真は、トルベンジャーズ4人組の個性が際立つ高校時代を収めている。このシーンは無職のポン・ピルが初めての時間旅行で高校時代にタイムスリップして、大人気なく心無い高校時代をリプレイするシーンだ。ポン・ピルは突然にして目の前に広がった高校時代の友だちの姿に困惑する。あの時は知らなかった友だちの気持ちや事情を確認して繰り広げられるストーリーがお茶の間に笑いと感動を届けるものと期待を高めている。

写真の中でジェジュンは、目覚めたばかりのようにぼうっとしている様子だ。長い間思いを寄せているユイの後ろ姿を見つめているジェジュンの姿が目を引く。目を伏せて授業に集中しているユイは、清純さをアピールしながら存在感を見せつける。“その時代ポン・ピルが思いを寄せる少女”らしく、清涼感あふれる初々しい制服姿が視線を奪う。また、高校時代、陸上選手だったポン・ピルを見ることができるスチールカットも同時に公開され好奇心をくすぐる。ドタバタの初めてのタイムトラベルを経験したクレイジーなタイムトラベラー、ポン・ピルの険しい将来が予告され、好奇心をくすぐる。

チョン・ヘソンとバロもただならぬ制服姿をアピールしている。劇中でトルベンジャーズ4の最強の直球女ジンスクらしく、ポン・ピルにヘッドロックをかけているチョン・ヘソンの姿は、彼女が披露する“スクプライト(ジンスク+スプライト)”の活躍への期待感を高める。また、あどけない笑顔でポン・ピルの片思いの相手スジンの“カバン持ち”を自称するソクテ役のバロもキャラクターに完璧になりきった姿で期待感を高める。

2年ぶりにドラマに復帰するジェジュンは、デビュー以来最も型破りな演技変身を披露するものと期待を高めている。ジェジュンは生まれながらのユニークな性格で人並み外れた存在感を誇る“天に選ばれた”無職のポン・ピル役を演じて、過去と現在を行き来する歴代クラスの“タイムトラベラー”として活躍する。ユイが演じるカン・スジンは、ポン・ピルの28年間の片思い中の相手で、“この区域の町の女神”で結婚を控えているが、ポン・ピルのクレイジーな時間旅行に巻き込まれ、日常が予想しなかった方向に流れてしまう興味深いキャラクターだ。チョン・ヘソンが演じるジンスクは、トルベンジャーズ4人組の中で一番しっかりした性格の序列1位だが、クレイジーさだけは他の追随を許さないキャラクターで、ドラマに楽しさを与える予定だ。バロはもポン・ピルの親友チョ・ソクテ役を演じ、いつも一発食らわすチャンスを見ているが、いつも失敗する、憎たらしいが憎めないかわいい魅力で視聴者を魅了する。

8月9日韓国KBSで午後10時に第1話が放送される。