コム デ ギャルソン、東京ミッドタウン新店舗は国内2店目の「トレーディング ミュージアム」

写真拡大

 東京ミッドタウンにオープンする「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」の新たな直営店が、国内2店舗目の「トレーディング ミュージアム コム デ ギャルソン(TRADING MUSEUM COMME des GARCONS)」となることがわかった。9月1日にオープンする。
 トレーディング ミュージアム コム デ ギャルソンは、ブランドのアーカイブアイテムを収集し、展示する博物館としての要素と販売スペースを融合させたブランドのコンセプトショップ。2009年に表参道のファッション複合ビル「ジャイル(GYRE)」の2階に国内1号店をオープンさせた。海外ではパリでも展開している。
 新店舗は、外苑東通り沿いの東京ミッドタウン地上1階に出店し、店舗面積は約297平方メートルを予定。オープンを前に現在、店舗前では「プレイ コム デ ギャルソン(PLAY COMME des GARÇONS)」のボックス型のポップアップショップ「PLAY BOX」を展開している。