画像提供:マイナビニュース

写真拡大

TBSの安住紳一郎アナウンサーが2日、東京・赤坂の同局で行われた特番『生命38億年スペシャル"人間とは何だ…!?』(8月14日20:00〜22:54)の収録後に取材に応じ、イライラしやすい性格を改善しようと心がけていることを明かした。

同番組は、"生命"における最先端科学を紐解くサイエンススペシャル番組として1997年にスタート。11回目となる今回は、「健康寿命」「日光」「肥満」「脳」「人体ミステリー」「がん」「免疫力」の7つのテーマを軸に展開し、松と安住アナが昨年に引き続き司会を務める。

安住アナは、普段の生活で健康のために心がけていることを聞かれると、「私は常にイライラしてるんですけど、最近若いスタッフに『長生きしませんよ』と言われ、なるべく温和な感じで」と返答。「今日もスタジオで気に入らないことがあってイライラし始めたんですけど、長寿がテーマだったので優しい気持ちに」と意識したそうで、イライラが芽生えたときに「あー長寿長寿!って葛藤していた」と明かした。

また、「アルツハイマー=認知症だと思っていたんですけど、アルツハイマー病になっても3分の1くらいの人は認知症を発症しないらしく、健康だったときの習慣、行動範囲や文章の表現とかで(差が出る)」と今回の収録で学んだ知識を披露。報道陣に向かって「情緒的な文章や個性のある文章を書いている人が認知症にならないという統計がとれていたので、どうぞ奮ってお書きください。どうしても定型句になりがちだと思いますから、ガッと思い切って!」と呼びかけ、笑いを誘った。

安住アナのほか、共に司会を務める松たか子、さらに、古田新太、岡田将生も取材に応じ、収録の感想やそれぞれの健康法を語った。