音声変換イメージ

ヤマハ株式会社は2日、一部の東海道新幹線車内において、ヤマハ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証試験を行うと発表した。期間は8月3日〜2018年2月頃。

「おもてなしガイド」は、音声をスマートフォンのマイクで拾い、文字として表示することで、誰もがアナウンスの内容を理解することができる「音のユニバーサルデザイン化支援システム」。

実証実験では、新幹線のN700系の2編成において、列車内の「案内放送」(自動放送と一部の車掌の肉声放送)を任意の言語(日本語、英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語)に翻訳表示する。

利用するにはスマートフォンやタブレットに「おもてなしガイド」アプリ(ios/Android)をダウンロードする必要がある。

「おもてなしガイド」
URL:http://omotenashiguide.jp/
2017/08/03