【特集:公共の場での授乳問題(3)】ママたちは「気遣って欲しい」なんて思ってない!? 本音から生まれた超簡単解決法

写真拡大

「この問題は解決できる!」と断言する女性がいます。

「すぐその場で授乳できないと大変なの!」母乳ママの体に何が起きるのか&対処法を産婦人科医に聞いた【特集:公共の場での授乳問題(2)】

自ら「公共の場での授乳」で辛い経験をし、日本初の授乳服専門ブランド「モーハウス」を起業して20年。

育児と社会の共存を目指すNPO法人「子連れスタイル推進協会」代表も務める光畑由佳さんに聞きました。

女性間で勃発した「公共の場での授乳」論争、オンナの敵はオンナなの?

――「公共の場での授乳」が、世の中をにぎわせています。

昨年(2016年)末の新聞への投書をきっかけに、テレビのワイドショー等でも広く取り上げられ、ネットでも炎上騒ぎが起きました。

この問題に向き合い続けてきた光畑さんは、今回の論争をどのようにとらえていらっしゃいますか。個人的には、最初に新聞投稿をした方が20代の、しかも“女性”だったということに、少なからずショックを受けているのですが。

光畑由佳さん(以下、光畑):実は、私が自分自身の「公共の場での授乳」体験をきっかけに、子育てと社会の共存問題に取り組み始めてから20年余りの間に、何度か同じような摩擦が起きているのですが……

※光畑さんの「公共の場での授乳」体験についてはハピママの「授乳服・ケープどっち? “赤ちゃんを泣かせない”コツ【動画あり】|光畑由佳さんインタビュー(1)」をご覧ください。

意外かもしれませんが、口火を切るのは、今回のように“若い女性”が多いのですよ。

――エッ!そうなんですか?

光畑:現役ママからすると「同じ女性なのに理解してもらえないなんて!」「同性の敵は同性?」なんて感じてしまうかもしれませんが、それは、ちょっと違うと私は思っていて。

「公共の場での授乳」について、口には出さないけれど“違和感”を持っている人がたくさんいるのでしょうね。

でも、男性が切り出したら「性的なモノとして見るなんて!」と責められるでしょうし、例えば女性であっても年長の出産経験のない人が疑問を呈すれば「産んでないじゃん?」と反論されてしまう。

そう考えてみると“若い女性”が、この社会問題に対しては一番発言しやすい立場なのです。

そしてほぼ毎回、“若い女性”の問題提起をきっかけに「なんとなくイヤだなぁと感じてはいたけど、言っちゃいけないと思ってた!」という人たちが、大挙して参戦してくる。そんなパターンが、何度も繰り返されてきました。

ただ、この論争にはいつも、ママたちが抱えている問題や感情に対して、それはそれは大きな「誤解」があって。その大きな「誤解」によって、社会はますますママに寄り添いづらくなってしまっているというか……問題の「解決」を、遠ざけてきたように思うのです。

――ママたちに対する「誤解」が、問題の「解決」を遠ざけてきた?どういうことでしょうか?

「気遣ってもらえたらありがたい」けど、ママの本音はそこじゃない?

光畑:「公共の場での授乳」論争で、それぞれの言い分に耳を傾けていると、「なんでこっちが気を遣わなきゃならないんだ?」とか、授乳の必要性は理解できるけど「子連れには気遣いをするのが当然かのように振る舞っているあたりが不愉快」というような意見が聞かれるのですが。

そもそも、ママと赤ちゃんに「気を遣って欲しい」だなんて、心の底から思っているママっているのかしら。

――どういうことでしょうか?

光畑:ほとんどのママは、「できることなら、気を遣わせたくない」と強く、強く願っているのではないでしょうか。

本当は「気を遣わせたくない」けど、どうにもこうにも“手段”がないから、仕方なく「気を遣っていただけたら助かります」というスタンスになるのでしょうし、「どうしようもないことだから理解して欲しい!」というママも、なかには出てくるというか。

この「気を遣わせたくはない……んだけど致し方なく」という気持ちの揺れについては、リアルで体験してみるとよく分かるんですよ。

私はいま大学で講義をさせていただく機会もあるのですが、授業中に「授乳体験」をしてもらうことがあって、そこで女子学生に胸をはだけてもらうワケにもゆきませんので、男子学生にちょっとしたお手伝いをしてもらうことにしています。

男子学生さんに赤ちゃんのお人形を抱いてもらって授乳姿勢を取ってもらうのですが、その際に自分のシャツのボタンを1つ2つ外したり、すそを軽くまくったりするだけで、どの学生さんも、

「恥ずかしい」
「周りに気を遣わせてる感がしんどい」
「こんなこと、やらずに済むならやらないほうがいい」

といった反応を、もれなく示します。胸を出すことに女性ほど抵抗がない男性ですらそうですから、女性が、なおいっそう苦しく感じてしまっても無理のないことですよね。

でも、赤ちゃんがグズって周囲に迷惑をかけてしまって、落ち着かせるには授乳が最も早くて効果的となれば、自分がどんなに恥ずかしくとも、どんなに周りに気を遣わせようとも、おっぱいをあげるという選択をせざるを得ないかもしれない。

「公共の場での授乳」論争は往々にして「気遣って欲しい」VS「気遣いを強要するな」になりがちなのですが。

でも、ママたちの、ホントのホントの本音はといえば。

「気を遣わせたくなんかない!」

これが、心の奥底の、偽らざるキモチなのではないでしょうか。

――たしかに!周りに気を遣わせずに済むなら、そうしたい!そうしたいです!

光畑:やっぱり、そうですよね?(笑)

そこで声を大にして言いたいのが、ママの世界はとっくに「気を遣わせたくはない……んだけど致し方なく」ではなくなっている、ということ。

「気を遣わせたくない」という本音にフォーカスしたソリューション(解決策)があって、“致し方ない”というのは、もはや“思い込み”に過ぎません。

その解決策が「授乳服」なのです。

授乳服があれば、抱っこしているようにしか見えないまま、おっぱいがあげられます。言い方を換えれば「公共の場」でも、周りに気を遣わせることなく“こっそり”授乳できるのです。

光畑:よく「泣いたらおっぱい」と言われますが、実は専門家によれば「泣く前におっぱい」がベストなんです。泣く前の欲しがるサインをキャッチして、または泣き始めにおっぱいというのが一番で、そのわずかなタイミングで授乳するためにも、赤ちゃんを待たせないで与えられるのがベターということが言えます。

授乳服を上手に活用すれば、そのベストのタイミングを外さずに授乳することもできるわけです。

そしてタイミングを逃さなければ、赤ちゃんが「おっぱいを欲しがって泣く」というシチュエーション自体がなくなります。おそらくこれが、お出かけするママにとって一番の安心材料となるのではないでしょうか。

――外出中に「赤ちゃんが泣くかも」という心配をしなくてもよくなる、ということですか?

先輩ママユーザーに学ぶ「授乳服」のメリット&活用術!

光畑:少なくとも「お腹が空いた」とか「眠たくて口寂しくて、おっぱいが恋しい」とか、「赤ちゃんが不安や不快感を覚えてママに甘えたくて」といった理由で「泣く」「グズる」というシチュエーションは、限りなくゼロにできます。

赤ちゃんが泣く原因として、ほかに考えられるのはオムツと急な病気くらいですから、後者はそれこそ“致し方ない”にしても、前者はお出かけ前に新しいオムツを穿かせておくことである程度の備えはできますものね。

授乳服のユーザーさんたちは、赤ちゃんがおっぱいを欲しそうな様子を見せ始めたらパッと抱き上げてササッと、それこそ1〜2秒で授乳をスタートして、たとえ歩いている途中であってもそのまま赤ちゃんに「おいしく飲めるかな〜?」なんて話しかけながら、スタスタと目的地へ向かっちゃうんです。

公共交通機関などで座れていればそれ以上に簡単でしょうし、席が空いていなくても、抱っこさえできれば、何の不自然さもなく授乳してあげることができるんですね。

だから移動もスムーズですし、赤ちゃんもすぐ満足できて安心だからグズらない。子連れだからといって、言い方はナンですが“悪目立ち”することがなくなります。

私が20年ほど前に、中央線でブラウスを開いて授乳した時のことを思い返してもそうですが……

赤ちゃんのお腹が空くorおっぱいが恋しくなるorママに甘えたくなる赤ちゃんがグズる・泣くみんなが注目するママがおっぱいを出す「うわ〜ぁ出してるよ……」視線が痛いor目を逸らされている無言のプレッシャー

……思いっきり注目を集めてしまうこの“悪目立ち”と、周りに“気を遣わせている感”が、お互いの溝を深めているというか、双方の居心地をより一層よくないものにしていますよね。

赤ちゃんが“すぐ”に満足できれば、待たせることもグズらせることもなく、ママも不要な注目を浴びずに済むのです。

時々「育児と社会の共存を目指すのであれば、どうして授乳室を増やそうという方向で話をしないんですか?」と聞かれることもあって、私が「駅でもショッピングセンターでも50m置きにベビー休憩室があればいいんですけどね」と答えると、ギョッとされちゃうのですが(笑)

これは何も「50m置きに作れ」と言っているのではなく、赤ちゃんを待たせず、瞬時に対応できることが、ママにとっても赤ちゃんにとっても、周りにとっても最善という話で。

ベビー休憩室も、育児と社会の共存を支える存在のひとつですし、赤ちゃん連れのママが緊張を解くことのできる“オアシス”ともいえますよね。

とはいっても、そのオアシスにたどり着くまで、ママは重い荷物と赤ちゃんを抱えて大移動をしなければなりませんし、赤ちゃんはそこまで我慢をしなければなりません。グズって泣いてしまえば“悪目立ち”も避けられず、「うるさいなぁ」と感じる人だっているかもしれない。

「授乳服」は、そんなモロモロの問題を、全て、いとも簡単に解決してくれるのですよ。

――でも、そんなにいいモノが、どうしてママの“常識”や“必需品”として広まっていないのでしょうか。

光畑:「なんで?」って思いますよね。実はそこにも、大きなジレンマと、ママを取り巻く社会問題が潜んでいるのです。

※光畑由佳さんへのインタビューは「【特集:公共の場での授乳問題(4)】「自分の幸せをガマンしないで!」ママも社会も笑顔になれる、授乳プレッシャー解決法」に続きます。

【記事企画&取材協力】光畑 由佳(みつはた ゆか)氏 プロフィール

子連れスタイルで子育てと社会を結びつけ、多様な生き方や育て方、働き方を提案するNPO法人「子連れスタイル推進協会」代表理事&授乳服ブランド「モーハウス」代表。産後の新しいライフスタイルを提案し、授乳服の存在を国内に広めてきたパイオニアとして知られる。

社会と授乳、公共の場での授乳についても、自社で実践する「子連れワークスタイル」が国内外から注目され、女性のチャレンジ賞など受賞歴多数。

「暮らしの質」向上検討会など政府関係の有識者会議委員を歴任するほか、2014年に北京で、2016年にペルーで開催された「APEC女性と経済フォーラム」にも参加。内閣府男女共同参画担当大臣表彰(女性のチャレンジ賞)審査員。中小企業経営支援分科会委員。茨城県ユニセフ協会評議員。茨城県行財政改革推進懇談会委員。つくば市行政経営懇談会委員。茨城大学社会連携センター特命教授。筑波大学大学院非常勤講師。

著書に『働くママが日本を救う! ~「子連れ出勤」という就業スタイル~ (マイコミ新書)』。