果たして着地点はどうなる?

写真拡大

 女性セブンの名物還暦記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中で起きている様々な事件を独自の切り口で考察。今回は、松居一代騒動がテーマです。

 * * *
 松居棒、圧力鍋をヒットさせ、投資家としても大成功。本人の資産、ン十億円。間違いなく、松居一代さん(60才)は還暦女のトップクラスの成功者よね。

 その成功者がどうしちゃったの? と、同じ年の女として、ここのところ考えない日はないんだわ。

 松居さんは、自分がこれはと見込んだ男を夫にし、夫のためならなんでもすると決めて、実際にそうしてきた。なのにその夫が浮気をした。許せない。こうなったら地獄の底まで落としてやるって、こういうことでしょ?

 これを“純愛”と言わずして何という、と私は思うわけ。船越氏に向けた愛情は純度100%。そうでなければ「命をかけて戦う」まで怒れないもの。そんな男と出会えただけでもものすごくうらやましいわ。

 だけど、純な気持ちって分が悪いんだよね。だいたい、「みなさん助けて お願いします」のブログをアップした翌日が、九州の大洪水の日。「夫が親友と浮気していた」という内容には、「だから???」と大多数が思ったはずよ。

 てか、夫を寝とる女を「親友」ということ自体ムリがあるし、なんで穴の開いた靴下をはいたり、カプセルホテルに泊まるの、と私はブログを見てツッコミを入れていたわけ。

 でも違うんだよね。彼女の行動は理屈じゃない。傷ついた“純な気持ち”がしていることで、お金という武器を使うのはフィットしないし、名誉棄損もどうでもいいのかも。

 並の女なら、「私もいたらないところがあった」とか、「こんな男にほれた私もバカだった」とか、矛先をにぶらせるけど、松居さんはあくまでまっすぐ。

 彼女が事業や投資が成功してきたのは、この性分ゆえよね。「徹底的に」と口では言っても実際にできる人はそういないもの。

 だからこそ着地点が気になるの。わが茨城では、激高している人がちょい息切れしたタイミングで、「もう、そごらにしとげ」と水をさす年寄りがいたんだけど、どうだろう。

※女性セブン2017年8月17日号