群馬県の人気テーマパーク館長が語る「自身の恋愛遍歴」

写真拡大

 群馬県の伊香保温泉に通じる道中に、深夜の人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に取り上げられて熱い視線を浴びている珍スポット「珍宝館」がある。

 1947年、群馬県桐生市で、米農家の4人兄弟の末っ子として生まれた清水ちんこ館長(70、本名非公表)。異色のキャラクターがテレビで話題となり一躍時の人となった彼女だが、いかにして“性の案内人”になったのか。

「小さい頃は根暗で、ひとりで遊ぶのが好きな子供だった。けど高校卒業後、弁当屋に勤めた時に出会った女の先輩が私を変えた。先輩は話上手な人で、特に下ネタがピカイチ。当時の私は彼女の話を笑いながら聞いていただけだけど、自然に覚えた。今の私のトークの原点は間違いなく彼女にある」(以下「」はちんこ館長)

 まだ珍宝館ができる以前の23歳の頃、ちんこは知り合いからスナック経営を任される。

「桐生市内の場末の店だよ。女の子なんて雇わず私ひとりで切り盛りしてた。約3年やって貯金が300万円くらいは貯まったから、繁盛してたのかな。けど店やって一番の収穫は当時、土木作業員をしていて店の常連客だったマスター(館長の夫でいまは珍宝館のスタッフ)と出会えたこと」

 恋愛遍歴を聞くと意外な答えが返ってきた。

「私が知ってる男は後にも先にもマスターだけ。そんな2本も3本も食ってる暇はねえし」

 結婚後、現在の珍宝館横に食堂を開く。店は繁盛しマスターの趣味だった「珍品」を店内に飾るようになった。そして夫婦で“いつか珍宝館を開こう”と語り合い、1981年に珍宝館を設立。そこで語り部スタイルを始めた。

「愛するマスターが愛でる珍品を解説するんだからフツーにやってもつまんない。私を変えてくれた先輩やスナック時代のトークの経験、それに時事ネタを交えて解説するとお客さんが笑ってくれて嬉しかったね。

 物珍しさが受けて開業以降、大繁盛したよ。地元から白い目で見られることもあったけど、商売は儲けてナンボ。周辺に珍宝館を真似して現代風の秘宝館みたいなのも数年前にできたけど、うちの展示品は唯一無二だから。でも最近はテレビに出た影響で若者客が増えて何回も解説をするから喉にきてね……」

 と、意外にも弱気な本音も見せた。受付で働くマスターとの関係についても聞いた。

「マスターは5年前に大腸がんの手術をして生死をさまよったから、無理させられない(笑い)。けど死ぬまでセックスしたい気持ちと行動が人間を豊かにするんだよ」

 取材当日の朝、珍宝館の建物の前に陰部を露出させた20代の若者が無言でポツンと立っていたという。ちんこ館長は「大きくなったかい」と声をかけると、若者は無言のまま帰ったという。ちんこ館長は今日も群馬で男たちを待っている──。

※週刊ポスト2017年8月11日号